やってみた

23
ノート

今日の収穫。2〜3日に1回のペースで、弾けた綿花、汚れが付かないように早め早めに収穫しております。
ポンと弾けて、フワフワしている綿花。
さてさて、何を作ろうか…アイデアだけ溜めております(笑)

スキって、ステキ。
1

何をもって失敗というのか

さてさて、移住直後から育て始めた綿花。
農業初心者、知らない土地、知らない気候、知らないことだらけ。
そんな私でも、初めての収穫を迎えました。

まだまだ先と思っていたものですから、二度見したし、喜びの声をあげました。えぇぁ〜?みたいな、謎の声。

コロンと可愛くて、猫の肉球みたい。
特別な手入れをせずに、土が合ってたなーって感じで綿が育ってくれたのですね。

フカフカの種子毛の部分がコットンです

もっとみる
励みになります!
9

運転の苦手意識をなんとかしたく。

少し前のことですが、運転が下手すぎて。
夫氏の大切な車を傷つけたのでした。

不慣れな運転、夜、雨、初めて行く駅への迎え。まぁ、簡単に言えば断れば良かったんですよ。頑張ろうとしたのが間違いでした。

車が傷付いただけで良かった。
ほんと、それだけです。
人を傷つけたり、自分が怪我したりしなくて良かった。

というわけで。
運転の練習が必要になりました。
いえ、プロの慣習のもと、練習がしたくなりまし

もっとみる
きゃ💓
8

刈払機の安全衛生講習を受けに

少し夏の暑さも和らいできたのではないでしょうか。
秩父は朝晩は少し肌寒いかな?と感じる日もあったり。秋の虫の声も大きくなってきました。

暑さは和らいできましたが、雑草っていつまで絶好調で育つんでしょうか。
雨が降ったり日が照ったり。気温が少し落ち着いただけで、成長しやすい環境なのかしら、と。

畑の方は肥料をそっと置いたりしたからか、季節的なものなのか、綿たちが急に大きくなったような。
綿で日陰

もっとみる
スキって、ステキ。
4

両方、比べたい。

梅雨が明けて、すっかり夏。猛暑酷暑が続いていますね。
天気の子、やっと観てきました。こちら、ぜひ夏の間に観ていただきたい。いや、秋でも冬でも良いんですよ。良いんですけど、オススメは夏です。真夏に観たい作品だな、と私は思ったのです。次はポカリスエット飲みながら観たいです。

隣で鑑賞する夫に、何度も二度見されるくらい謎のタイミングですら鼻をすすり、自分でもよく分からないまま、おいおい泣いていました。

もっとみる
励みになります!
8

先生なんて嫌いだったのになぁ

秩父で出来た友人に誘われて、ハーバリウム教室のアシスタントをしたのです。

ハーバリウムは植物標本のこと。ドライフラワーやプリザーブドフラワー、ストーンや羽などを専用のオイルと一緒に容器に閉じ込めます。

今回作るのはボールペンタイプとボトルタイプ。ボトルの後ろに写り込んでるのが友人、今回の講師ののり紡家さん。

夏休みの林間学校に都内から来ていた中学生93人が参加する講座。のり紡家さんと奥様二人

もっとみる
わぁ💓
2

花が咲いてりゃ二度見もします。

5月末に種蒔きをした綿花ちゃん。
梅雨明けに、ツボミついてるなぁと気付きまして。

背丈は全然低いけど、それでもツボミってつくんだなと感動していたのがほんの少し前。
草むしりに畑を訪れて、30分くらい無心になって草むしりして、見慣れない色を発見。

あらっ、あなた咲いてたの?

和綿と米綿(たぶん)を育ててるのですが、和綿はお花が下向きに咲くのですよ。日本は雨が多いので、水がたまらない様に下向きに

もっとみる
きゃ💓
2

飯能、薬香草園へ。ハッカの蒸留。

埼玉県飯能市にある、生活の木 薬香草園に行ってまいりました。

生活の木は、ハーブやアロマ、コスメなどを取り扱っていて、全国に120店舗ほどあるそうです。
百貨店やショッピングセンターで店舗を何度か訪れていて知っていたのですが、飯能に香草園があるのは最近知りました。香草園の他にもショップ、レストラン、蒸留室などがあって、なかなか広いです。

そもそも、行こうとなったきっかけの1つは、お借りしている

もっとみる
わぁ💓
4

やっぱり布が好き。

畑のことばかりnoteしておりましたが、地域おこし協力隊の仕事の1つとして、針仕事もしています。

きっかけは児童館で出会った坊や。

バァ、みたいに可愛いポーズにしてあるけど、衝撃的なスタイルでして。
町を散策中に立ち寄った児童館で対面しました。

裸で売られてた赤ん坊のお人形で、寒そうだったから児童館の先生の家にあったワンちゃんのお洋服を着せてあげてるんだけど、可哀想で…と。
胸も見えてるし、

もっとみる
わぁ💓
6

言われるがまま、植えてみる

畑で作業していると、近隣の方々がよく声をかけてくれます。暑いから水分取りなさいとか、トマトに支柱は立てたかとか、今日は雨が降るからもう帰れとか。熱中症で倒れても、きっとだれかがすぐ気付いてくれるだろうな、とか物騒な安心感を感じてしまいます(笑)

作業を労いに来てくれたおばあちゃまと、休み休みやりなさいねとか、一人で何を作ってるんだいとか、ひとしきり横瀬に来た経緯などを話していたら、ここにはラッキ

もっとみる
スキって、ステキ。
2