【短編】好きだった人が結婚しました #5

好きだった人が結婚した。彼女は生まれた時から一緒だったろうと思う程にずっと隣にいる幼馴染だった。小さい頃は一緒に遊んだし、一緒に寝たりもした。ふたりでこっそり悪戯したことがバレて先生に怒られたこともあった。僕が進学しようとした高校に一緒に行くと言い出して勉強を教えたりもした。大学の卒業式も隣に居た。

お互い別々の会社に就職したものの、週に何度かは一緒にご飯を食べていた。会社の愚痴を言い合ったり、褒められた話をしたり。週末はどこか遊びに行こうか、なんて相談をしたり。そんなことを繰り返して3年目の夏前の頃だった。

彼女は言った。「結婚するの」

今、彼女の隣にいるのは、僕じゃない。毎日同じ電車に乗っていた生活はもう終わってしまった。こんなにも近くに居たのに、彼女が選んだのは僕じゃなかったんだなぁ。

色の無い生活が始まった。僕は彼女のことが大好きだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けたら、様々な勉強の為に役立てたいと思います。 是非宜しくお願いします。

はぴはぴ。
7

みずほ

Programmer,System engineer /『好き』を語る人でありたい。『何故?』を考え続ける哲学者擬。感性だけはいつも自由に/毎日22時~22時半の間にnote更新/毎週金曜はオリジナル小説更新/シロクマと白ウサギが好きです。

【短編小説】好きだった人が結婚しました

オリジナルの読み切り短編小説。色んな形の「好きだった人」の話を詰め込みました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。