見出し画像

雨ニモマケズ全社イベント

これからの時期、全社イベントを控えている会社は多いことだろう。

「あ~あの総務が妙に張り切ってるやつね。あれかったるいんだよねー」
とか言う男子。
(総務は仕事でやってるんだよ。仕方なく、な。)
「えー○○ちゃん行かないなら私も行きたくなーい」
とか言う女子。
(中学生かよー。業務扱いなんでお前にそもそも選択肢なし。)
と口をついて出てきそうなくらいには十分腐っている私である。

会社の理念の共有、アクティビティや懇親会を通じた社内コミュニケーションを通じて組織力強化を図りたい。一体感をより醸成したい。
要は、
「やっぱいい会社じゃん」
「もう少しここで頑張ってみようかな」
と思わせたい、のだ。経営陣は。

てなわけで、全社イベントの準備は、経営陣から下りてくる思いつきベースの無茶振りやそれを乗り越える提案にかなりのエネルギーが注がれる。

例えば「運動会やりたい!」など…

青空の下でのさわやかな運動会をご所望されたのだが、いやいや、雨降ったらどうすんのよ。半年ほど前から全社員のスケジュールを押さえているので、雨降ったから来週に延期!とはいかないのである。
じゃあ体育館かな?
まず全社員200名が対戦できる体育館は限られる。その上、学生さんの新人戦と悉くかぶり、予約が取れない。
結局、ホテルのバンケット会場に無理を行って、ホテル会場で運動会をやることになった。

とはいえウェディングなどにも利用される豪奢な会場。
当然ホテルから諸々注文がついた。
壁や照明が破損する危険があるため、ボールは使用NG。
大玉転がしや玉入れはだめか。
じゅうたんが捲れるので走るのもNG。
当然リレーもできない。

熟慮の結果(!?)、〇×ゲーム、パターゴルフやスプーンリレー、ストップウォッチ対決(時間当てゲーム)などこじんまりとした「ミニ運動会」となった。

雨に降られるリスクを鑑みるとやむを得ない、ホテルのバンケット会場での運動会、という無理のある企画。
雨の心配さえなければ、どこかの大きな公園なり河川敷なりで思いっきりな運動会ができたかもしれない。
そして当日雨が降れば、やっぱりホテル会場にしといてよかった~と思えるかもしれない。
のに。

この日はあまりに気持ちのよい晴天だった。
なんだか取り越し苦労をしたような苦い気持ちになる。
そんな私の気持ちはつゆ知らず。
チームに分かれて勝負すると皆白熱し、会場はむせかえるくらいの熱気に包まれた。
みんなぶつくさ言ってた割に楽しんでくれている。

忘れてた。
みんなのオフィスで見れないこの晴れやかな表情引き出したかったのよ、私は。

編集:円(えん)


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♡merci♡
20

べみん

ライターになりたいアラフォー総務OLです。★宣伝会議「編集・ライター養成講座」第36期★ note 共同運営マガジン #日刊かきあつめ https://note.mu/mamaosao/m/m0fe17fe3ed33

日刊 かきあつめ

駆け出しのライターたちが、毎日更新していく共同マガジン。 今回テーマは「 #防災の日」です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。