八耳堂と龍崖山

高ドッケ・柏木山の後は、そのまま龍崖山(りゅうがいさん)に向かいました。山ガールさん達ようこそ!
さすが、ヤマノススメの聖地、飯能って感じです。
龍崖山コースの入口はとても由緒ある場所、八耳堂(はちじどう)です。
説明書きによると、現存する建物は200年前のものだそう
確かに、狛犬が乗った石柱には文化十三年(1816年)と見えます
聖徳太子を祀っているので、八耳堂なんですね。なるほど〜
石で出来た鳥居は流れた歳月を感じさせてくれます
シダの群生に杉林。木材不足だった戦後に植えられましたのでしょうけど、間伐されず、みんなヒョロヒョロ…
コースの横に階段状の緑地が見えて来て棚田かなと思ったら、やっぱり
狭い土地で生きて行くのは大変ですが、手入れが出来ない里山の荒廃を感じます
山頂からの景色です。お天気に恵まれ、素晴らしい眺望。300メートル級の低山ですけどね
望遠鏡かと思いきや、ただの竹筒
どの山が何の山か切り取ってくれます
竹筒を例えば覗くとこんな感じ
恐ろしい注意書きが…。こんなところにも熊は出没するのでしょうか。目撃情報はもっと奥地のような気がしますが…
自然の原木茸を発見!
低い山ですが、沢をいくつか横切りました
所々で自生のスミレが咲いていました。園芸種に見慣れていると、とても小さく感じます。せっかく撮ったのに、またもピンボケ…。あーあ
ゴールの駐車場からの景色。低山ハイキングでも山気分は味わえます。遭難の恐れも無いし、決して悪く無いですよ
最後の階段がキツかったけど^_^
余談ですが、ヤマノススメは図書館にも特設コーナーがあったりします

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いよいよ春本番!
25

マンボウ

マンボウのぶらり週末ひとり旅

世界のあちこち、旅先で自分なりに感じたことを、心の赴くまま書き綴ってみました。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。