aCrew #1 ~メルペイ、Origami、d払い登壇!キャッシュレスアプリのマーケティング特集|Fintechイベントレポート

マーケター、PM、エンジニアなどサービスの成長を目指す全ての方に向けたコミュニティとして「aCrew(アクルー)」が発足し、2019年6月5日に初回のイベントが開催されました。

「aCrew」の由来 「aCrew(アクルー)」という名称には、「正解の無い道、まだ見ぬ新しい知見を一緒に探索するための船に乗る仲間(a Crew)とサービス成長の悩みを解決する糸口やヒント(a Clue)を見つけ、ノウハウを獲得/蓄積(accrue)する場」という想いを込めました。アイコンも未開の地を探しに冒険に出かける船をイメージしています。

参加者同士で交流が可能な、Slack コミュニティも準備されているとのことです。

初回イベントのテーマは「スマホ決済サービスのグロース」でした。パネルディスカッションから参加いたしましたので、概要まとめさせて頂きます。
※ご登壇の皆さまの発言を、編集のうえ記載しています。

パネリスト
Fintech協会 代表理事会長 丸山 弘毅 氏
株式会社メルペイ 営業統括 兼 社長室長 金 高恩 氏
株式会社NTTドコモ プラットフォームビジネス推進部 ペイメントビジネス担当課長 高須 真 氏
株式会社Origami マーケティング責任者 古見幸生 氏 

モデレーター
Repro株式会社 CEO 平田 祐介 氏
App Annie Japan(株)日本代表ディレクター 向井 俊介 氏

ご登壇の皆さまのサービスご紹介

冒頭、NTTドコモの高須さんから、「ドコモの○○Pay」ですとのご発言が有り、会場があたたまりました。
(○○部分は筆者伏せ字)

メルペイの金さんも、その発言をひろわれていました。(メルカリの○○Pay)
紹介の中で、コンセプトムービーも披露されています。

決済アプリのメディア化

まず、テーマに沿って、「アプリのメディア化」はどう考えるかとの投げかけが有りました。


Origamiの古見さんからは、アプリはメディアではなく、その方向は目指していないとのお話しが有りました。交通系ICカードと比べると、まず決済サービスとして、スピード感が有るアプリを目指すべきとの見解が示されました。

一方、NTTドコモ高須さんからは、色々なパートナーとの関係も含めて、長期的には決済アプリもメディアと近づいていくとのお話しが有り、各社の様々な考えが垣間見えました。

Fintech協会 代表理事会長 丸山さん(左)
QRコード決済の乱立に関しては、Fintechのイノベーションは大きく動きが有り、個人としては決済サービスについても「どれも好きだなー」との前置きから、今回登壇されていない会社のサービスを一番ご利用されているとのことでした。
更に中国での動きを踏まえたコメントをされていました。
決済そのものより「入口」が重要となり、流通・交通といった、それぞれの入口ごとの決済サービスに集約され、現状、日本で乱立の様子も出ているものが、最終的には10ほどに集約されるのでは?との見解を出されていました。

株式会社Origami マーケティング責任者 古見さん(右)
(お金の動きの有る)あらゆる企業が、決済サービスとの係りが出てくるとの考えで、今のクレジットカードと同様、入口としてのブランドは今より多く増えていくのではないか?とお話しをされていました。

どの様なビジネスモデルか?

メルペイ金さんからは、コンセプトムービーのとおり、企業ミッションは「信用を創造して、なめらかな社会を創る」とおいており、決済サービス自体は儲からないかもしれないが、その先の価値交換や「信用」に重きを置き、ペイメントだけで完結するものではないとのご回答が出ました。
また、NTTドコモ高須さんは、通信業の雄としてか、「決済サービス」での収益が出てくるとの自信をのぞかせる場面も有りました。

出来ることとやって良いことの違い、技術面と法令面の違いに触れて、Origami古見さんとしては、日本での展開の際にそれらを織り込んで対応していくとの意欲を出されていました。

丸山さんは、Square Capital の事例もあげ、キャッシュレスが進むと、今時点では大きな情報となっていないものも、収益を生み出すだけの母数となる局面が来るのでは?とお話しをされました。
また、大企業を退職され、Fintechスタートアップ(インフキュリオン・グループ)を起業された際には「信用」について考えさせられる局面が有ったという話は、個人的にも大変共感しました。

その後は、グローバルな視点でのディカッションもなされ、時間があっという間に過ぎてしまったと感じられる、充実した内容でした。

まとめ

モデレーターのお二人が、パネリストへ突っ込んだ問いをされ、会場にいた大手銀行のかたからも意見を出してもらう等、インタラクティブなディスカッションだと感じました。
スマホ決済展開やキャッシュレス推進の第一人者がそろってお話しをされる、大変貴重な機会でした。今後の「aCrew」イベントも楽しみにしています!有難うございました!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!
3

ミズトモ

2015年より、Fintechイベントの企画運営や、Tech関連ライターをやっています。宜しくお願い申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。