「mm(ミリ)」を通じた交流で美容師力アップ!

2月に開かれた「プレミリ活」は大成功!いよいよ3月某日に本格的な「ミリ活」がスタートしました。
第1回の今回の開催地は大阪。大阪、奈良、京都、滋賀から9人の美容師さんが集まり、「mm(ミリ)」を通じて楽しい&ためになる時間を過ごしていただきました!

“推しmm”1位は…!?

まずは自己紹介&恒例の「わたしの1mmの努力」の発表スタート。
「毎日数分だけでも英語の勉強をする」
「毎日インスタを見てスタイルを勉強」
「(自分の髪を)ブラッシングする」
「毎日、その日のアレンジやファッションに合わせてピアスを選ぶ」
「年齢より若く見える努力」
「道に迷わない」
「毎日絶対、朝いちばんに体重計に乗る&全身鏡で自分の姿をチェック」
「ツヤ感のあるスタイリング」
「いつでも笑顔」

なるほど~。みなさん美意識が高い&向上心にあふれていますね。
みなさんに“推しmm”もお聞きしたところ、1番人気はバター。2位はオイルでした。

続いて「mm(ミリ)」の成分特長や開発秘話、「mm(ミリ)」という名前に決まるまでのプロセスなどを知ってもらい、ボツとなった香りをあえて嗅いでもらったり、4月に追加発売された4アイテムを手に取ってもらったりしました。

すぐできる!簡単mmアレンジを披露

ここからはいよいよ、前回同様、ゲスト参加してくださったCocoonのキッカワミワさんと、NORA Journeyの阿形聡美さんによる、「mm(ミリ)」を使ったモデルデモ。

キッカワさんのモデルさんは、ブリーチしていて乾燥毛。ふくらみやすいのが悩み。「髪を濡らすような感覚で『ワックスフォーム』をゴルフボール3個分つけるだけで、自然とキレイなクセが出てきます。握り込んで自然乾燥させれば、夜まで乾かない&ベタベタしないですよ」(キッカワさん)。仕上げに「クリームバター」を前髪中心にもみあげにも少しつけて整えれば、もう完成です。

阿形さんのモデルさんはザ・直毛さん。ストレートアイロンを軽くすべらせ、「オイル」を2プッシュつけます。仕上げに「クリームバター」を中間から毛先につけて、できあがり。「つける時に、『mm(ミリ)』をセット面に置いておくと、自然とお客様に見てもらえます」(阿形さん)。

続いて同じモデルさんでアレンジを紹介。まずはキッカワさんのモデルさん。「バター」を根元につけてまとまりやすくした後、かわいい産毛を残しながらフロントをねじってピンで留めます。参加者からは「おでこがかわいいー!」という歓声が。「飾りピンはまとめて買っておいて、お客様にそのままあげちゃうんです。喜ばれますよ!」(キッカワさん)。
アレンジをもう1つ。「耳を半分隠すようにターバンを巻いて後ろでピンで留めると、風呂あがりっぽくならないですよ」とキッカワさん。一同、納得。ただただ、おしゃれです。

阿形さんは巻き髪アレンジを披露。軟毛なモデルさんなのでセット力が必要、ということで…、① 全体をワンカール、平巻きで外巻き。② 顔周りの表面をメインにアイロンを縦にしてミックス巻きにし、動きを出す。③ トップは根元からしっかり巻いてふんわり感を出す。ウィービング状に毛束を3本くらい取って一気に巻くと、時短に!④ 「ワックス」を3プッシュ手の平にのばし、根元からつけてなじませる。⑤ さらに「ワックス」を2プッシュつけて、全体を整える。


「かわいいー!」の大合唱が起こり、みなさん、スマホでしっかり撮っていました。

相モデルでmmアレンジを体感

キッカワさんと阿形さんのデモを見た後は、参加者同士で相モデルとなり、「mm(ミリ)」を使ってアレンジを体験。みなさん、すでにサロンで「mm(ミリ)」を使っていますが、4月に発売となった追加アイテムは触るのが初めてという人も多く、恐る恐る…という感じでスタート。

参加者A「前髪には『ワックス』つけてみようかな」参加者B「毛先は『クリームバター』がよさそうだね~」参加者C「『mm(ミリ)』全種類つけちゃった…(笑)。でもベタベタしないですね。ふわっとします」参加者D「『クリーム』、いいですね♪気に入りました!」参加者E「『オイル』と『バター』、混ぜて使ってみようかな?」

アイロンで巻いたり、まとめ髪にしたり、みなさん思い思いのアレンジを楽しみました。オリジナルの使い方を発見した方もいたようです。時折、キッカワさんと阿形さんがアドバイスをしてくれる場面もあり、楽しく体験できました。

今さら聞けないサロンのお悩みをみんなで共有

最後は座談会。「mm(ミリ)」をイメージしたケーキを食べながら、事前に集めたアンケートを元にサロンでの悩みや疑問をみんなでトーク。

Q 次回予約はどうしていますか?阿形さん 次回はこのくらいの時期ですよと提案すると、フロントがお会計の時にさりげなくプッシュするシステム。だんだん次回予約が当たり前になってきていますね。キッカワさん うちは、レセプションをを置いていないので、次回予約プッシュはしませんが、次回の楽しみを会話の中に織り交ぜて、次回も来てください!と気持ちを込めて最後に送っています!阿形さん スタイルの賞味期限を伝えることは大事です。参加者A 1カ月半経過する1週間前にLINEで連絡するようにしています。阿形さん それ、いいですね!リピートしない原因は「なんとなく」とか「行きたい時に予約が取れなかった」とかが意外と多いですからね。
Q 年上のお客様とのコミュニケーションはどうしていますか?参加者B “この子に任せよう”と思ってもらえるにはどうしたらいいのか…。キッカワさん ファッションや話し方を大人っぽく落ち着いた感じにするだけでも違いますよ。参加者C 態度や言葉使いも大切ですよね。自分のことを名前で呼んではいけないとか。丁寧にしていれば、相手にわかってもらえると思うんです。参加者D でも、その年代(若い世代)だからこそのかわいさも大事ですよね。愛想の良さとか。阿形さん かわいがってもらわなきゃね。でも髪に関してはプロだから任せてくださいよ、という姿勢が大事です。
Q 店販が押し売りにならないコツは?参加者F アシスタントとの情報共有、お客様との信頼関係が大事だと思います。あと、うちには店販のBOOKがあって、見やすくなってるんです。阿形さん BOOK、いい!!参加者G 棚に並んでいるのを見ている人には声をかけ、香りを嗅いでもらったりします。キッカワさん 店販は自分が好きにならないとすすめられないですよね。新しい使い方を編みだすことも大切です。
Q 30代女性美容師が将来結婚して、どう働いていけばいい?阿形さん 2月に結婚したのですが、やはりお店の協力がないといけないと思います。土日もたまには休んで旦那さんと休みを合わせたり、でも売上は落とさない、みたいな姿勢を若いスタッフに見せないと、ね。結婚してもずーっとサロンにいたら、後輩が夢を見れないですよね。キッカワさん そういうの、カッコいいです!!

みなさん、ありがとうございました。次は東京です。あなたの街で行われるミリ活に、ぜひ、ご参加くださいね!

ライター 森永泰恵

#ミリ #ミリ活 #mm #mm活 #女性美容師 #ケアスタイリング #大人にキレイと未知を #mmと日々 #セミナー #座談会 #女子会 #スタイリングデモ #スタイリング 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。