お客様に言ってみたかった、その一言

お客様に本当は言いたいことがあるけど言えない…。
美容師さんあるあるですよね。
実はこんなことを胸に秘めていました、という
リアルな美容師さんの心の声をちょっとだけ聞かせていただきました。

Lauleaデザイナー ちひろさん

うちのお店は女性専用サロンで、そこを気に入って来てくださっている方も多いので、自分の意見を素直に言いやすい雰囲気ですから、お互いに言いたいけど言わない、みたいなことは少ないと思います。
「それは似合わない」という場合であれば、ちゃんと言ってあげたほうがいいと思っています。

お客様にこうあってほしいというのも特にないのですが、たとえば髪を伸ばしている方で、もう少ししっかりヘアケアをしてくれたらいいのになと思うことはたまにあります。
そういう人に限って、サロントリートメントをお勧めしてもやらないんですね。
最初はやんわり言いますが、だんだん厳しめに言ってみたり。笑。
お客様はやさしい方が多いのでみなさん聞いてくださって、考えを変えてくれる方もたくさんいます。やさしくチクチク、ですね。笑。

あと、スタイリング剤を使わないタイプの人から、スタイリング剤がマストなスタイルにしたいと言われるとちょっと困ります。
やりたいんだけどスタイリング剤はつけない。じゃあ、そうはなりません、と。
でも提案すると、今までは使ってなかったけど必要ならつけますと言って継続してくれる方が多いです。

流行りのスタイリング剤を買ってみたけど使い方がわからない、という方も結構います。
流行ってるから買うのですが、結局、あまり髪型に合ってないとか…。
私がここでちゃんと自信を持ってお勧めするもののほうがいいですよとお伝えしています。使わない物を買ってももったいないですしね。でも、買わないでとも言えないですし。難しい問題ですね。

お客様のメイクが気になる時がたまにあるのですが、お客様によって、言えそうな場合は言います。
うちはプライベートサロンなので、メイクのことも相談しやすいみたいで、色々と聞いてくれる方も結構います。
メイクが変だと思った時は、たとえばヘアカラーを明るくした時に
「眉をちょっと変えてもいいかもですね」なんて言ってみたりして。
パッとさらっと言うようにしています。

自分でカラーしてうまくできなかったとか、来店する前日に前髪を自分で切って失敗しました…という方もまれにいますが、基本的にみなさん、私の話をよく聞いて提案を受け入れてくださるので、ありがたいです。

ライター 森永泰恵

#女性美容師 #美容室 #mm #ミリ #mm活 #ミリ活 #大人にキレイと未知を #mmと日々 #ケアスタイリング #お客様

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。