フォームの工場に行ってみた

4月に発売予定の「mm(ミリ)」フォーム。
1月某日、テスト製造が行われ、現場に潜入。
残念ながら工場内はお見せできないのですが、生まれましたよ!!

「人の“目”が、大事なんです」

mm(ミリ)」のフォームがいよいよ誕生すると聞き、工場萌えを自称する筆者はフォーム工場へ見学にお邪魔しました。
ほんの小さな異物も許さない製造現場へ、靴と衣服を着替えて潜入。
フタがはずれるボールペンもクリップも、持ち込みNGです。

ベルトコンベアに一列に並んだ容器たちは、まず中身の充填機に向かいます。液体とガスを別々に噴射して入れ、バルブをつけてフタをします。バルブをつけるのは人間の手です。

次は温水検査といって、55℃のお湯の中に容器ごと入れ、容器に穴が開いてないかどうか、泡でチェックします。
お風呂に浸かっているみたいでなんだか可愛いですが、厳しい訓練を受けた人の「目」で1個1個チェックされます。

続いて重量の検査。
プラスマイナス4.3gの誤差の範囲内でウェイトをチェック。
さらに吹き出し口の形状をチェックし、底面にロット番号をレーザーで照射します。

キャップを付け、キャップがしっかりハマっているかどうか上から軽くプレスします。彼氏が彼女の頭をポンポンしているみたいで可愛いのですが、とてもきめ細かい工程です。

熱風によってビニールを縮め、容器に密着させてパッキング。
パッキング工程の前に、人の手で容器の向きを揃えておきます。こうすることでパッキングのつなぎ目が容器の正面にこないようにします。

目視で微妙なパッキングの不具合を見つけ出し、もし不具合があればパッキングを一旦、丁寧にはずしてやり直します。
最後に箱詰めして、できあがりです。

ここまでだいたい20分。約90分で5,000本できました。
総勢18名の方が工程に関わり、フォームが完成!
お行儀よくベルトコンベアに並ぶ容器たちは、整然と、規則正しく、機械的に動いていきました。

しかし、要所要所は人の「目」でチェックするのです。人の「目」がフォームの品質を守る。それを目の当たりにしました。

4月、いよいよみなさんのお手元に届きます。
こだわりしか詰まってないフォーム、楽しみに待っていてくださいね!!

ライター 森永泰恵

#mm #ミリ #mm活 #ミリ活 #フォーム #mmトリートメントフォーム #mmワックスフォーム #工場 #製造 #工場見学 #大人にキレイと未知を #mmと日々 #ケアスタイリング 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。