#3 半年経ちました。

前回の記事から半年経ちましたね。

いろいろと動きがあったので、順を追って説明していきます。

まず、大森隆史先生のサンエスペロ統合医療研究所についてですが、こちらはカナ・ラボという名称に変わっていました。
大森先生と面談をしてから検査かと思ったら、面談は基本やっていなくて、通販型の検査を受けて、結果が書類で送られてくるスタイルのようです。
電話での問い合わせは、とても丁寧に分かりやすく答えてくださって、とても好感がもてました。(言葉遣いがとても丁寧で的確なんです)

さてこちらで、遺伝子検査、毛髪ミネラル検査、有機酸ペプチド尿検査を受け、結果が出たのですが、結果の報告は読んでもよくわかりません。


対策として

・デトックス効果のある食材(にんにく、にら、ネギ、コリアンダー、玉ねぎ、ブロッコリー)やサプリメントを使用しながら有害重金属の排出を行う。
・低ショウ酸食にする。(枝豆、芽キャベツ、アマランス、人参、長ネギ、ほうれん草などショウ酸の多い食品は除く)
 →これら野菜に関してはあまり気にしていません。もともと野菜と見れば逃げるタイプで、食べる方が少ないので・・。野菜ならなんでも1口だけでも、というかんじで食べさせています。

・水銀を含む大型魚(マグロ、鮭など)の摂取を控える。
 →一応お寿司を食べる時マグロは1貫だけ、としていますが、完全0ではないです。

・調理器具をステンレス製や土鍋にする。(鉄、テフロン、ホーローは傷がつきやすく、そこからアルミニウムが溶解する可能性がある)
 →ホーロー、テフロンの鍋は捨てましたが、ホーローの保存容器、テフロンの炊飯器内釜は残ってます。炊飯器は毎日使うので変えた方がいいんだろうなあと思いつつ、酵素玄米が炊ける圧力炊飯器で、玄米が柔らかく炊けるので、そのままです。

・逆浸透膜浄水、またはミネラルウォーターを利用する。
 →水洗一体型の水素水を検討しましたが、中途半端な水素水、浄水では鉛の蓄積率を高めてしまうそうです。近いうちに逆浸透膜浄水器を入れたいです。

・酵母菌の問題があるので、スナック菓子などの糖分摂取を極力控える。
 →できるだけ・・ですが、ちょっとは控えてます。時々与えてしまう。

・油は有機アマニ油、グリーンナッツオイルなどオメガ3系の油を基本に、エクストラバージンオリーブオイルを併せて使う。
 →できるだけ実行しています。

・あと、小麦粉は検査結果としては特に問題ないと出たが、引き続き控えた方が良いと念押しがありました。理由は、小麦生産過程で農薬や薬品が多く使われているので、アレルギーがなくても避けるべきものだとのことでした。
本を読む限り、小麦粉(グルテン)と乳製品(カゼイン)を完全になくすことで、自閉症スペクトラムが劇的に改善するということなので、自スペ治療の基本のようなもののようです。
 →ただね、小麦粉0を目指してみて思ったのは・・
小麦粉って美味しい!!
ほんとに美味しいんですよね・・・ 代わりになるものはない!
あと、小麦粉を食べないってことは、外食は9割型あきらめるかんじになるんですよね。そんなかんじで、グダグダになってしまい、今では結構食べています。

最後に、必要と思われるサプリを購入

なんのサプリをとればいいか。これが一番知りたかったことだったんです。

早速この中から、特に必要と言われるサプリを購入しました。

ずらり勢ぞろい☆

そして肝心の、「ぷにおがサプリをどう飲むか」という問題にやっと向き合うのです。

つづく

※全文公開していますが、内容に興味を持ってくださった方、サポート購入お願いします♪

この続きをみるには

この続き:0文字

#3 半年経ちました。

ミヤモトヨシコ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ミヤモトヨシコ

フリーランスイラストレーター。主に女性を描き、広告、POP、パッケージ、web、書籍、雑誌挿絵など 依頼を受け描いている。

発達障害を治す 予防する

発達障害は治らないとされ、療育でうまく生きて行く方法を探るしか道はないと言われています。本当にそうなんでしょうか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。