もちろん(柿本論理)

瀕死の音楽家

UK Jazz Vol.2 ジョー・アーモン・ジョーンズとマックスウェル・オーウィン

鍵盤奏者ジョー・アーモン・ジョーンズとベーシスト兼トラックメイカーのマックスウェル・オーウィンの二人によるEP"Joe Armon Jones & Maxwell Owin / Idiom"。2017年。半生のバンドだけれどリーダーの名義という概念があるあたりがジャズっぽい気がしますね。
 マックスウェル・オーウィンのトラックメイカーとしての力量とジョー・アーモン・ジョーンズの生ピアノ、エレクトリ
もっとみる

UK Jazz Vol.1 ヌビア・ガルシアとマックスウェル・オーウィン

ヌビア・ガルシアというサックス奏者をご存知だろうか。現在のUKジャズシーンを牽引するサックス奏者の一人である。彼女はネリヤ、マイシャという二つのグループでも活動しているが、"Nubya Garcia - When We Are"は自身の名義による12インチEPである。
 A面にオリジナルの演奏が2曲、B面にそれぞれのリミックスが収録されている。紹介してる動画はB面の2曲目、"Source (Max
もっとみる

フランスのラジオ局(Rinse France)デビューしました~ところでUKガラージって何?~

ダブステップ黎明期にそのカルチャーと切っても切れない関係にあり名高い海賊ラジオ局Rinse FM(パイレーツ・ラジオであったのは00年代初頭の話であり、今はオフィシャルである)のフランス支局、Rinse FRANCEのスタッフからお声がかかり、UKガラージを中心に活動している我々の同人サークル「明るい農村計画」のDJミックスが放送されました。

 UKガラージやダブステップを作る人間としてRins

もっとみる

Ole Børud - Fast Enough

2002年にデビューしたノルウェーのAORシンガーソングライターOle Børudの最新シングル。

相変わらずコテコテに80年代AORしているのだが、Vaporwaveやシティポップ再評価で時代がそういうノリになった中相変わらずやっていたブールードの音が時代にハマってきた……ような気がする。

ご注文は作曲者によるセルフ楽曲分析ですか??「0時過ぎのWonder Cocktail」コード篇

前回の投稿から一ヶ月経とうとしております。お久しぶりでございます。「ご注文はうさぎですか?? バースデイソングシリーズ」が発表されましたね。その前にキャラクターソロシリーズ08の「0時過ぎのWonder Cocktail」の解説を終わらせなければいけません。2月14日には新たなリゼ曲が発売されるのですから。

 いきなりですがコード進行をバーッと書きます。分かる人は見ながら聴いたりして下さい。わか

もっとみる

ご注文は作曲者によるセルフ楽曲分析ですか??「0時過ぎのWonder Cocktail」のリズム篇

ご注文はうさぎですか?OVA&3期制作決定おめでとうございます。
 作曲家のmochilon / 柿本論理です。「ご注文はうさぎですか??キャラクターソロシリーズ08」にてリゼ曲「0時過ぎのWonder Cocktail」の作編曲をさせていただきました。

 同時期に事務所を辞めてフリーランスに戻ったため、最後に振り返って楽曲解説をしてみようと思います。

公式サイト、iTSやe-onkyoなどの

もっとみる