わたしはわたしがいる場所で

明け方に目が覚めて
からだがかゆくて
どくだみエキスを塗る。

どくだみの花を摘みとって
焼酎に漬けたこれが
万能さんで助かっている。

眠る前に淹れて
すこし残っていたミルクティーと
クッキーをかじりながら
毛布にくるまって
Spectatorを読む。

眠れない夜に
最高の本を読めたら
大成功。

たいていスマホをいじって
だんだん空が明るくなっていくのを
半分後悔の気持ちで眺めて
再び布団に潜ることの方が多いから。

中野のウナカメについて
食、文化、音楽、アート
ごちゃ混ぜの融合
人と人とが交錯する拠点

行き当たりばったりのようで
奇跡みたいにたのしい瞬間が
次々と生まれる食堂

あぁわたし
こういうのが大好きだ

そして今いる
今わたしがいる場所:いな暮らし
まさにそんな場になっているじゃないか

宝ものだな、
そう思った。

つづけてきたい。

大学の授業に行くのがしんどくて
助産師を目指して入ったはずの
看護学類でもやもや続き
本当はわたし何がしたいんだろう?

毎日考えながら
芸術とか国際とか
他の分野を学ぶ友だちとよく一緒にいて

学校の外に飛び出して
美容室poco.a.pocoに入り浸り
千年一日珈琲焙煎所にあこがれ
ベッカライのパンを公園でかじり
PEOPLEで古本を読み漁り
(ここでSpectatorと出会う。わたしの人生の教科書だ!と思う、今も。)

ほかにもいろいろ。

つくばの街で出会った人たちが
敷かれたレールに乗っからない
教科書になんて載ってない
心がわくわくっと疼くような生き方を
見せてくれていたと思う。


今年が終わっちゃう前に
また会いに行こう。


あーまた瞼が重たくなってきた。
ひと眠りしてお店へ行こう。

今朝の空はブルーグレイ。

隣のひとはすやすや。


4

すずきもえ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。