見出し画像

売れないバンドマンの貧困問題

自分でもなんで真剣にこんなこと書いてるのか全然わからないんですけど

誰に向けて書いてるのか不明だし私が叩かれる可能性もあるのに(笑)

上の方から降りてくるんでそれを私の手を通してMacが叩いているって感じです

謎の使命感に追われているw


人間とは
口ではできるだけ楽して栄光を掴みたいと言うんだけど

願った光景が簡単にその翌週に見れたのではつまらなく

汗水垂らし涙にまみれ紆余曲折苦労した末に掴む成功に美學を感じているんですよね

だから誰もが成功できるわけではない音楽業界を創り上げその中で

掴み取った3000人の動員というものを見てようやく満足するという

世界を自分で創っているんですよね

実際夢を叶えたらすぐその次の夢や目標がやって来るので

永久に満足はしない それが人間ゲームというものだったりします



お金の話 他人のブログで良い記事を見つけたのでシェアします

バンド活動だけで食べていけない麺様たちが生活を支える方法としてよく目にするのが下記の方法ですが

①出会い系サクラ

②水商売

③蜜に頼る

④ゲーム音楽などの制作やHP作成などフリーランスで生計を立てている


アフィリエイトでもなんでも④ができるんなら問題ありませんが

よく書いています通り私は貢いでくれる人がいるなら貢いでもらって

音楽活動に専念するのが一番効率が良いと思っているんですけれど

これでバンドがデカくなっていけるのは

タダでお金をもらうことに罪悪感がない人に限ります

なんでかっていうと

”何もしないで女性にお金をもらうなんて良くないことだ!”

という考えが何処かにありながら貰っていると

結果それが自分の声として外から聞こえるようになり

周囲に叩かれることを気にして徐々に自分を罰していってしまい

無意識に自分が上手くいかないことでその罪悪感を払おうとするのです

なのでそうゆう考えを持っているなら貢がれないほうが無難です


私の印象では飲み屋さんをしている麺の方が大変多く
10億年ほど前の話なんでもう状況変わってるのかもしれませんけど
私が新宿のG街で飲み屋さんしてた頃は近隣店舗に
バンドマンしてますっていうバーテンが結構いらっしゃいました
そして彼らの多くはうちにウイスキーを飲みに来ては大概こうおっしゃいます


音楽だけで食っていけたらいいんだけどね


わかりますよ
私もその昔はアーティスト活動をしていましたので
それだけで食べていけるんならこのお店だってすぐにでも辞めてやるわ!と思っていました

ですが バシャールは言います
「ワクワクすることをしなさい」と

「今」感じている感情が少し先の未来に現実化します

ですので「今」幸せで満たされていないとそれがその人の未来になるのです


多分 彼らにとってはステージに立って
たくさんの笑顔を見てたくさんの声をもらうことが
何よりもワクワクする(=気分の良い幸せな)瞬間なんだと思うんですよね

せっかくワクワクすることをしているのに
そこで発生する金額だけでは生きてはいけないために
何かしらお金を作るための「やりたくないこと」をしていることが多いと思います


ですのでその「やりたくない ワクワクしないこと」を

ワクワクすることに変えてしまえばいい

ということが上記にリンクした記事に書いてあります



日々興味のない酔いどれ相手に話すことに疲れている現状があるとします

今日も15時にはお店に行ってお通しの準備をしないといけない

その前に買い物も行かないと・・・

はあ・・・またあのおっさん来るのかなぁ 最近毎日来てるよなぁ

話長いんだよなぁ はぁ・・


これが無意識にしている通勤中の思考だったとします

そうすると本当に近日中にそのおっさんがやって来ます



では同じ状況をワクワク思考に変換してみます

今日も15時にはお店に行ってお通しの準備をしないといけない
その前に買い物も行かないと・・・

こないだ来たあの女の子可愛かったな〜

めっちゃ可愛かったな〜

また来てくれるかな

あの子来るとしたら今日お通しこれ作る!←こう考えた時に少し楽しい気分になったなら


近日中に本当にその子かまた別の可愛い子が来店します(笑)


つまり自分は何を考えていると気分が良いか 幸せか を見極めて

できるだけ自分が楽しく幸せでいられる思考をするように意識するんですね

ひらすらグラスを拭くセクションなどの単純作業の間なら

こんな子がお店に来て今日お持ち帰る妄想をしながらグラス拭くんです(笑)

どうやったら早く洗い物が終わるか

どうやったらこのおっさん早く帰るか

お通しは何が一番自分が楽か

お客さんのため と思った時に幸せでないのであれば

自分のために

どうしたら自分が一番楽なのかを考えて作業します


それに加えてちょっと時間を作って やってほしいことがあります

それは

今日の出来事で幸せを感じたことをメモる


朝方眠りに就く前でも日が昇って目が覚めた時でも

例えばこのつまらんバイトをしている中で 一瞬でも幸せ とか

楽しい と感じた瞬間はどんな時か

それをメモしてストックしていきます


こんなくだらないことを続けていると

「自分はこれでお金をもらっている」 という感覚が立って来ます

お給料日が来たら 銀行に行って

少しでも増えている口座残高を見ますよね

そしたら

このお金で今月の家賃が払えて 部屋に帰れば電気が点くし

シャワーも浴びられる

少しなら飲みにも行けるし 弦のストックも買える

少し貯めればあの箱が借りられて

そこでようやく新曲を披露することができる

そうしたらそこにあるたくさんの笑顔を見ることができるかもしれません


つまり

生活するためにお金を稼いでいる のではなく

大好きなみんなの笑顔を見るためにお金を作っている  んです


生活していくだけなら 会社員でいいですよね
でもそこには別の目的があるから お金にならないことを続けられるし
お金にならないことを続けるために
お金のためだけに働くことができるという思考回路に変換します


だから今度から洗い物をするときには

これで自分はあの笑顔を見ることができるんだ!と思ってみるといいです


余談ですが私

G街のお店で働いていた時によくいらしていたお客様から

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という書籍を教えて頂きました

それを読んでから

心理学やスピリチュアル この世のカラクリというものを知って

頑張ることを辞めることができました



努力が実を結ぶんじゃないんですよね

信じていることが現実化しているだけなんです

だから言ってしまえば バンドだけで食べていくのは難しい も

実はただの思い込みなのです






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サンクスモニカァ~♡
2

【裏】SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系ライブレポブログ SOLITUDE-klang(https://solitude-klang.com) を書いてる人です(NLP認定心理カウンセラー/占い師/本業はツアー物販屋)公開ブログでは書けない本音と腹黒記事/心理学の観点から見たバンドの動向などはこちらで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。