見出し画像

バンド側からファンに求められることは何もない

個人的にすごく応援していたバンドのメンバーが呟いた一言について

必要以上に怒っているのですが(笑)

こんなスタンスなら一生売れないと断言します

自分達のステージ中床に座っていたという他盤動員に対してのツイートだったんですが

現場に居らずそれを見ていなかった者としてはあらゆる憶測が交錯します
ですが実際にはその場に居合わせて見ていた人数より
”そのツイート”を見ているだけの人数のほうが多いわけです

これは”公式”とか”オフシャル”の定義のひとつだと思います


ここのところステージに立つ人々の自覚についてよく書いていますが

その例として取り上げます


そもそもファン個人が持つ信頼や期待も
各々の責任によるものなので
その対象を責めるのもお門違いなのですが

このバンドをdisるわけではなく 

いちバンギャの客観的な見解として書かせて頂きます

ステージに立つものとして
それを職業とする限りは
ステージ下にいるお客さんに求められるものは基本的にありません

何故ならお客さんは仕事で見に来ているわけではなく

対価を支払ってその公演を見に来ているので

つまらなければ座って見ることもあるでしょう さっきまで仕事で立ちっぱだったかもしれないですし

つまらなければの話ですけども


厳密に言うとこれも
本来”お金”とは何か特別な力を持つ物質なのではなくて
何かを欲した時に物々交換として差し出す物が無い場合利用する「紙 及び硬貨」なので
お金を払うほうが上にいるというのも大きな勘違いでもあるんですね
ですので表現が難しいですが

通常の客商売というものは

支払う側に対して「こんなお客は嫌だ」を公式で発言しないですよね

お惣菜屋さんのお姉さんが店舗の公式アカウントで今日の何時頃に来たこの客の態度が気に入らないと投下していることと同じです


いずれにせよそこに集まるお客さんというのは
その公演 及び人達の誰かにその価格相当の価値を感じて紙幣を差し出してるわけでして
それを受け取る側はそれで生活できていないにしろ

バンド活動を職業としている以上 プロなのですから 
差し出されたそれ相応のステージから見た景色上に気に入らない何かがあるとすればそれは

自分達の鏡であるとしか言いようがありません

全員を楽しませることができない自信の無さを客席に投影しているということになります

ですので結果論自分達に対する苛立ちを公式アカウントを使って垂れ流しているという

先日たぬきの記事で書いたことと同じ仕組みなんですけど

その気に入らない何かしらの光景について仲間内や繋がりさんに愚痴るのはまったく自由ですし

実際自分たちのファンの邪魔になっているならその場でブチ切れるのは間違いじゃないと思います

お客として居合わせる場合にもメンバーか箱が注意してくれよと思うくらい感じの悪いお客さんがいることも確かにあります

しかしとにかく無視できないのが「公式アカウントでの発言」という点


プロとして活動しているのであれば

箱側で禁止してることをしていない限り

お客さんに対して公式で発言できることはないのでわ!!?


その公言やステージに対しての勝手な解釈を全世界に発信される可能性を考慮できるか否かという判断においても自分達の立ち位置をどの程度自覚しているかで変わってきますよね

ドマイナークラスのバンドを観に行くと同じ理由で気分が悪くなることが多々ありますが

じゃあもう私が行かなきゃいいんですが(笑)

主に初見の客を動かしたい一心で煽る姿勢は

自分たちと客のどちらに責任を認識しているかに起因すると解釈しています

それはハーフ&ハーフでもなく10:0です

見る側にも責任があると考えるのは承認欲求を満たすための素人芸であって

好きな麺様の承認欲求を満たしたい客層だけが集まるっていう

それがドマイナーの質というものです 善い悪いでなくただ”質”です

100%の責任でステージに立った時に心が動かされる動員がついていかないことには

一向に規模が変わらない

承認欲求を満たしたいお客さんがどんどん増殖していくんではなくて

バンドのクラスによって客層が違うのです


長らく自分達の”ファン”というものを持っていると

商売であるということを忘れてプライドだけが確固としたものになっていってしまいがちで

これはファンビジネスの甘えであり勘違いであると思うんですけど

自分を好きな人達は自分より下に居る存在ではないんですけどね  完全にそう見ている発言だったと思います



売れないのに偽のプライドが高いことほどかっこ悪い様はありません

ステージ側の言うことすべてに同意 しない人達の出現というのは

規模の拡大の兆しでもありますので

倒錯する反論についても今まで通りプライドを押し通すのか否かで

未来が変わってくると思います






私がこんなに苛ついているのは

ちょっと好き は ちょっと嫌い
になるけど
大好き は 大嫌い
死ぬほど愛してる は 殺す…
といった具合に抱えていた期待値の分だけそれが反対側に傾くシーソーの法則のためですw


最後にもう一度書きますがこのスタンスなら一生売れません

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サンクスモニカァ~♡
1

【裏】SOLITUDE-klang

ヴィジュアル系ライブレポブログ SOLITUDE-klang(https://solitude-klang.com) を書いてる人です(NLP認定心理カウンセラー/占い師/本業はツアー物販屋)公開ブログでは書けない本音と腹黒記事/心理学の観点から見たバンドの動向などはこちらで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。