ルビーの指輪。

RUBYと私の縁
実は10年位前、もし自分のブランドやるんだったら屋号は何がいいかなって考えていた時、一度決めた名前は “RUBY" だったんです。今思えば本当にこれにしなくてよかったと思うんですけど(RUBY のRUBY RING みたいなややこしいことになってしまう 笑)その時はジュエリーだけでなくバッグやストールなども含めたアクセサリー全般を考えていて。その後アイルランドで2年弱一緒に暮らした犬の名前も偶然にもRUBY でした。

My birthday lucky stone 
先週実家に帰って本を整理していたら、数年前に友人がくれたMy Birthday Book という本が出てきたんです。365冊全ての日にちがあって私は3月6日の本をもらったんですけど、もう一度読み返してみたら3月6日生まれの人のラッキーストーンはルビーだと書いてある。どんな根拠かわからないけど、数ある石の中でかつ365分の1の確率でルビーである事にはなんだか縁を感じました。ちなみに一般的な3/6の誕生日石は虫入り琥珀。そしてこの本によれば私はミケランジェロと同じ誕生日だそう。


ルビーが運んでくれるご縁
MOEMI SUGIMURA というブランドは私が海外にいる時に立ち上げたもので、日本にもどってから日本語のウェブサイトを作りました。最初はフリーでできるものを使ってみましたが、足りない要素が多くて作り直したのが現在の形⬆︎その最初のオーダーもまたルビーの指輪だったんです。そのお客様はその後もリピートしてくださったり展示会に来てくださったりと、ご縁の続く大切なお客様となりました。

ONE OF A KIND
この時リリースしたのが、色むらのあるルビーを使ったシリーズ。私がルビーを選ぶ基準 ”色ムラ” や ”不揃いなカット” は宝石業界では逆に質を下げる要因で、確かにマーケットでは綺麗でないものの方が大半です。ジャンクなものならうんとある。こうして沢山揃っているように見えるけれど、これはいい!と思えるものだけを選ぶにはひたすら探すしかないんです。万人受けしないものだから大きな展示会にはあまり出てこないし、馴染みのディーラーに依頼したところでピンポイントなものを用意してもらえるわけではありません。

ブランドアイデンティティーを創る
上の写真のルビーはタイでグレードごとの色の違いを見せてもらった時のもの、全て加熱処理をほどこした石で同じサイズです。これはロットでしか買えないもので、ジュエリーメーカーや業者は袋ごと、あるいは最低ロットで買います。それがだんだん小分けになって売られていったり、石をふんだんに使った豪華なジュエリーになったり、量産のジュエリーに使われるわけですね。こうやってサイズとグレードを揃えてくれている中から更にセレクトするのにも専門知識は絶対に必要です。それが仕事の方はその道のプロフェッショナル。でも個性を追求して選ぶのにはそれ以外にバイヤー個人の美的感覚が必要になってくる。私のジュエリー はこれこそがブランドのアイデンティティーを創っています。

世の中のルールと自分のルール
そうやって私なりの価値観で打ち出したシリーズが、ちょっとずつ誰かのところへ嫁いでいって綺麗だと思ってもらえたことは本当に嬉しかった。石に携わった先人達が重ね積み上げてきた研究は、敬意を表さずにはいられない大きな功績で、それを元に作られたグレーディングのルールもとても重要な事に変わりはないし、もちろん私もガイドラインとして常に頭に置いています。それが土台にあるから私みたいな提案が成り立ってる。大きなビジネスをしている人たちにとっては共通言語として必要不可欠です。でも自然が作り上げた芸術は人間のものさしでは測りきれない。ルールが全てではないのが本来の色石の魅力ですよね。


変わったもの探す子だね
今はなんだかバイカラーブームですが、ルビーに限らず私がこういう石を探していた時は、どこへいっても変わったもの探す子だね、と面白がられていました。今日本は鉱物ブームでこういった魅力も注目されてきていますね。こういう石を使ったジュエリーは一つしかない特別感があります。7月の誕生石ルビー、1年ぶりにウェブサイトにも掲載します。このnoteに載せているものは全て新作でご購入可◎  ハーフベゼルのデザインもルビーでは初登場です。掲載は7月21日 21:00 からですが、写真をクリックしていただければ商品ページへ飛べますので、その頃にぜひご覧になってみてください☆

-----------------------------------------------

♦︎Jewellery MOEMI SUGIMURA ♦︎ Website / Instagram / Facebook

♦︎天然石ショップ SELSHA ♦︎ Website / Instagram / Facebook



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます!

Have a wonderful day !!
5

MOEMI SUGIMURA

Jewellery Desiner / Gem buyer 宝石を巡る旅が好き。そこにしかない経験とローカルな人たちとの出会いを大切に。 www.moemisugimura.shop

創造するジュエリー

MOEMI SUGIMURA のジュエリーあれこれ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。