【130部突破】Youtube SEOの実践例~開始2か月でチャンネル登録数4000突破!8か月後に35000人達成!

更新履歴


【改定履歴】
 2018年10月08日 1980円 で販売
 2018年10月09日 誤記訂正、画像追加。
 2018年10月31日 実験データを追加。
 2018年11月09日 失敗談とイケダハヤトさんのデータと比較検討を追加
 2019年01月01日 12)スランプからの脱却を追加。Youtube解説を追加
 2019年01月06日 Youtubeでの解説を追加。4980円に値上げ。


イケダハヤトさんや、やまけんさんからも好評を得られました!

Youtubeを開始されているイケダハヤトさんと勝手にデータを比較しているにもかかわらず、購入していただき高評価をえられました!ありがたいことですねぇ。また、さっそく対策されているので、この情報収集能力とレスポンスの速さがすさまじいですね!刺激を受けています。

このNoteのおすすめ点

・無名な僕が2ヵ月で登録数を4000人まで増やした戦略がわかる
・実際のデータを使って解説。
・note購入者限定で、セミナー形式で動画で解説(目次の1)~8)。36分!
・後日談として、その後の経緯も追加(目次の9)~13)。)
・2019年1月6日現在、チャンネル登録数15000人突破!
・0)~1)は無料です。

-目次-
0)Youtubeを始めた背景と自己紹介(無料)
1)Youtubeの動画の取り方(無料)
2)YoutubeのSEOを考える
3)チャンネルのパワーを高める
4)お勧めな動画の長さは?
5)どういうジャンルで戦うか?
6)どういう経路で動画が再生されるか?
7)Youtube SEO攻略
8)まとめ
9)Youtubeでの失敗談
10)再生数の伸び悩み
11)イケダハヤトさんとのデータ比較した対策
12)Youtube SEOで重要なパラメーターが変更される?
13)再生数伸び悩みからの脱却

0)Youtubeを始めた背景と自己紹介

Youtuber、サラリーマン、不動産投資家、ブロガー、コンサルタントの茂風智文です。私はサラリーマン不動産投資家として活動しつつ、ブログをはじめ、Line@やYoutubeやTwitterで不動産投資の有益な情報を発信しています。

僕はブログを2017年9月から開始し。危険な不動産を購入する人を少しでも減らそうとSEOを勉強し、ユーザーに良質な記事を届けることに注力し続けてきました。

ブログ…「https://mofmof-investor.com/」
Twitter…「https://twitter.com/mofmof_investor」
Youtube…「https://www.youtube.com/channel/UCsWTZ4nYODCwlE8rdv7DZzA」
Line@…「https://line.me/R/ti/p/%40mof-mof」

その甲斐あって、月間8万PV達成し、アフィリエイト売り上げが50万円を突破しました。僕の記事が日経や朝日や読売などの大手メディアに並んで表示されるようにまでなったのです。

このNoteは、ブログで培ったSEOのスキルをどのようにYoutubeに適用したのか、実際にどんなことを僕が行ったのかをまとめています。その結果、2か月でチャンネル登録数4000人、再生回数20万回に達しました。

またYoutube開始から5か月経過した2019年1月6日時点では、チャンネル登録数15000人まで伸びました。

拡大するYoutubeの市場とSEOの重要性

Youtubeの市場規模は拡大を続けており、2017年は219億円に達し、2022年には2.6倍の589億円になると予想されています(MarkeZineより)。

 今後、動画の配信はより主要になり、ブロガーやマーケッターとしては避けては通れない道になってくるでしょう。

せっかく動画を作ってYoutubeにUPするのなら、たくさんの人に見てもらいたいですよね?どうやったらたくさんの人に見てもらえるのか?真剣に考えました。

考えた結果、ブログで学んだSEOの知識をYoutubeにガチで投入して、ユーザーに本当にいい動画を届けることを目標に、2018年7月28日にYoutubeを開始しました。

当初、全く何もわからない状態で、見よう見まねで動画を投稿。しかし、ブログで学んだSEO対策を独学で試行錯誤することで、開始1か月後にはチャンネル登録数が2500人を超え、10万回再生を超えました。

開始から2か月後にはチャンネル登録数が4000人を突破し、20万回再生を超える再生数を達成することができました。動画の本数は20本程度です。

僕のYoutubeチャンネル「もふもふ不動産
「https://www.youtube.com/channel/UCsWTZ4nYODCwlE8rdv7DZzA」

Youtube開始2か月でチャンネル登録数4000人越えで、動画20本で20万回再生以上です。これは普通にやっていたら絶対に達成できるものではなく、Youtube SEO対策が効果があったと考えています。

裏技などつかっていなく、完全ホワイトSEOです。

もしかしたら、「もふはすごいバックグラウンドやリストをもっていて、それを使っただけなんじゃないか?」って思われる方もいるかもしれません。

僕は普通の一般人で無名のサラリーマンです。持っているSNSとしてはYoutube開始時のブログは5000PV程度、Line@が1000人、Twitterのフォロワーも1000人といった状況で、とりわけすごい人数のフォロワーがいるわけではありません。

2016年に何も考えずにブログを立ち上げたことがあったのですが、全く人が訪れずに挫折したことがありました。。2017年に、SEOに詳しい人の助けを借りて、何とかここまで来ることができました。これからYoutubeを始められる方は、はじめにしっかりとした基礎を勉強することが何よりも重要だし、時間を無駄にしないで済むのでお勧めです。

このNoteでは、
 ・どうやってYoutubeを撮影しているか
 ・どういう戦略を立ててYoutubeのSEOを行ったのか
 ・実際のアクセス数やデータの解析とその対策
 ・失敗してアクセスが激減した情報
などなど、これからYoutubeをはじめる方や、Youtubeを始めているのにうまくいかないという方に向けて、解説していきます。

さらに、追加として実際に運営して再生数を伸ばす実験と結果とデータ分析を追加していきます。

僕の方法は、王道を地道に行う手法です。そのため裏技を期待する人には拍子抜けされるかもしれません。「再現性がない」といわれるかもしれません。

ただ、再現性がある方法は誰にでも簡単にできてしまうので、すぐ真似されてレッドオーシャンになってしまいます。(コピペ大量投稿とか、動画パクリ、画像に背景に文字だけとか)

小手先の裏技は、いつか封じられて大きなペナルティーを食らうことにもなってしまいます。やはり、王道のSEOをしっかりと対策することが一番重要で、なんにでも応用聞くことだと思います。実際、僕はブログでの成功をYoutubeに生かすことができました。その体験談を、赤裸々に開示して行きます。


1)Youtubeの動画の取り方とUP方法

僕がどうやってYoutubeを撮影してUPしているかについて簡単な解説です。iPhone7に、純正のイヤホンマイクを接続して撮影しています。iPhone7だけだと、音が小さいとコメントを多々いただきました。自分のiPhoneで動画を見ると全く問題ないのですが、環境によっては小さく聞こえてしまうようです。。その後、2018年12月頃からはSonyのピンマイクを使っています。それでもまだ小さいとコメントもらうことがあり、解決必要な課題として残っています。

動画は撮り直しせず、1発どりです。

たまに自分が作った資料が間違っているときがあるのですが、その場で訂正して躊躇せず進めています。やり直しは本当につらく、極力やりたくないんです。

動画のUPは、iPhoneのYoutubeアプリでそのままアップしています。編集は全くしておらず、動画の始めと終わりをカットするのみです。テロップを入れたり、話と話の間を詰めるような編集は行っていません。それでも十分なようです。アップするときは、いったん非公開でUPして、その後にコメントなど編集します。

僕はWindowsのパワーポイントでファイルを作って、それをモバイルPVをHDMIケーブルでTVに写し、TVの前で動画を解説するスタイルを取っています。

UP後は、タイトルを考えます。タイトルはブログのタイトルの考え方と同じで、一目見てユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを考えますね。そして、サムネイル画像を作り設定します。動画の説明欄に、動画の説明や関連するブログや動画のリンクを張ります。そして非公開から、公開に変更し終了です。

ただの一連の流れで作業でしかないのですが、これらにどういう工夫をしているのか、解説していきます。

この続きをみるには

この続き:13,220文字/画像20枚

【130部突破】Youtube SEOの実践例~開始2か月でチャンネル登録数4000突破!8か月後に35000人達成!

もふ@もふもふ不動産

4,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

78

あとで読むかも

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。