合わせ鏡



ムカつく、イライラする。

私と向き合ってくれないお母さんも、大きな声で空気が読めないおばあちゃんも、寛大なふりをしているお父さんも。


23歳、無職、貯金は20万。

やりたくないことばかりなのに、やりたいことは一つもない。

ただ毎日、生きていたくないなって思うだけ。


『誰か私のこと殺してくれないかな〜』

かまってちゃんもいいとこなこの発言、聞いていたお母さんの返しはたった一言。

『うん』



ずっとお母さんが好きになれなかった。

好きなのに好きになれなかった。

お母さんみたいな人になるもんかって、心のどこかで思ってた。


幸せそうに見えなかったから。


子供がたくさんいること、お父さんを好きでい続けられなかったこと、おばあちゃんを尊敬できなかったこと、若くして父親を亡くしたこと。


それでもお母さんが生きてきたこと。



視野が狭かったのは私の方で、うまくいかないことをお母さんのせいにしてきたのも私だった。

お母さんは幸せかもしれないのに。


お父さんもおばあちゃんも、おじいちゃんも。



まだまだ大人になれなくて、なりたいとも思ってなくて、23歳にして絶賛反抗期みたいな今。


実家でただ毎日を過ごしていたら見えてくることとか、どんなに小さくてもやってみたいこととか、お母さんと自分を別々に認めることとか。


いつかできるんだろうか。




#私小説
#反抗期
#23歳
#無職
#お母さんとの関係
#発達課題
#自分の好きなところ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

もげ

日々思ったこととか、よく考え事をするのでその整理とかのために始めました。聞くことと、話すことと、書くことと、読むことと、考えることができます。あと歌うこともできます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。