ぼんやりとした小説を書いています。

美しい魔法。2

双子として産まれるはずだったカオルは、成長する途中でお母さんのお腹の中で死んでしまったらしい。  私はお母さんのお腹の中で、カオルの出来かけの肉体を吸い取ってす...

先ほど更新しました「美しい魔法。1」 https://note.mu/mogumogupurin/n/n4243b29670a1 で一部抜けている部分がありましたので、編集して追加いたしました。お手数ですが、もしよろしければ読んでいただけると幸いです。

美しい魔法。1

幼い頃は理解ができなかった。そのくらい僕たちは鏡のように近い存在で、成長するにつれてやっとお互いが違う人間だということに気づき始めた。  それから、少しずつ少し...

ねぇ、先生。

キッチンの流しに透明なコップを1つだけ置いて、蛇口から細くひねり出した水がゆっくりと淵に近づいていくのを眺めるのが好きだった。   水がコップの淵にジリジリと迫...

月食珈琲

「珈琲が苦手な人でも楽しめる喫茶店があるよ」と、僕にこっそり教えてくれたのは、同じバードサークルに入っているマリコだった。その時「良ければ僕と一緒に行かない?」...