ぼんやりとした小説を書いています。

キラキラとは程遠い。1

欲しいモノがある。 「私と付き合ってよ」  そう言うと、タケオはたじろいだ。体育倉庫の薄暗い蛍光灯が、彼の栗色の髪の毛を照らしている。もう8月だというのに、中学...

3

キラキラとは程遠い。1

欲しいモノがある。 「私と付き合ってよ」  そう言うと、タケオはたじろいだ。体育倉庫の薄暗い蛍光灯が、彼の栗色の髪の毛を照らしている。もう8月だというのに、中学...

3