ぼんやりとした小説を書いています。

月のかき氷

つむっている僕のまぶたを、夜が優しくノックする。  そんな日は何度寝返りを打っても、星の瞬きにそっと耳を傾けても、意識は冴えたままだった。  時折こんなふうに眠...

16

キラキラとは程遠い。3

初めてのキスはあっけなくて、大したものじゃなかった。  道端で知らない人と肩がぶつかり合ったような、その程度の衝撃。何の高ぶりも感じない。タケオはただ固まってい...

10

待ち焦がれながら真夜中に。

閉じていた瞳をゆっくりと開く。まつげの間をすり抜けて、街灯の光が入り込んできた。夏の夜の重苦しい熱風が、少し伸びた私の髪の毛と戯れている。手で髪を撫で付けながら...

14

月のかき氷

つむっている僕のまぶたを、夜が優しくノックする。  そんな日は何度寝返りを打っても、星の瞬きにそっと耳を傾けても、意識は冴えたままだった。  時折こんなふうに眠...

16

キラキラとは程遠い。3

初めてのキスはあっけなくて、大したものじゃなかった。  道端で知らない人と肩がぶつかり合ったような、その程度の衝撃。何の高ぶりも感じない。タケオはただ固まってい...

10

待ち焦がれながら真夜中に。

閉じていた瞳をゆっくりと開く。まつげの間をすり抜けて、街灯の光が入り込んできた。夏の夜の重苦しい熱風が、少し伸びた私の髪の毛と戯れている。手で髪を撫で付けながら...

14