ぼんやりとした小説を書いています。

キラキラとは程遠い。8

金曜日だった。私は今朝歩いた通学路をなぞるように帰っていた。  今日はお姉ちゃんと、その彼氏のイツキさんが家に来る。私の憧れ。素敵な世界を持つ大好きな二人。私は...

5

悲しみが潜む場所の話。

私は年に一回。洗いたくなった時にカーテンを洗う。狭い浴槽にカーテンを詰め込み、水を張る。しばらくすると水が、みるみる濁っていって面白い。このオレンジ色のカーテン...

8

キラキラとは程遠い。7

栗ご飯が好きで、牛乳が苦手だということ。すぐに謝る癖があること、跳び箱が飛べないけれど、理科と数学が得意で家庭科の授業が苦手なこと。リレーの選手に一度も選ばれた...

6

キラキラとは程遠い。6

早退をした次の日。私はいつもと変わらない時間に起きて、歯を磨き、顔を洗って、朝ごはんを食べた。そしてきちんと学校に行った。  休んだらナツミに負けるような気がし...

10

キラキラとは程遠い。8

金曜日だった。私は今朝歩いた通学路をなぞるように帰っていた。  今日はお姉ちゃんと、その彼氏のイツキさんが家に来る。私の憧れ。素敵な世界を持つ大好きな二人。私は...

5

悲しみが潜む場所の話。

私は年に一回。洗いたくなった時にカーテンを洗う。狭い浴槽にカーテンを詰め込み、水を張る。しばらくすると水が、みるみる濁っていって面白い。このオレンジ色のカーテン...

8

キラキラとは程遠い。7

栗ご飯が好きで、牛乳が苦手だということ。すぐに謝る癖があること、跳び箱が飛べないけれど、理科と数学が得意で家庭科の授業が苦手なこと。リレーの選手に一度も選ばれた...

6

キラキラとは程遠い。6

早退をした次の日。私はいつもと変わらない時間に起きて、歯を磨き、顔を洗って、朝ごはんを食べた。そしてきちんと学校に行った。  休んだらナツミに負けるような気がし...

10