ぼんやりとした小説を書いています。

忘却のメモリ

覚えておけることは、とても少ない。  僕は旧式で容量が少ないから。  いま、こうして玄関のドアに、もたれかかっているあいだにも、記憶が崩れていっているのがわかる...

8

お月さまのジャム

雪解けのころ、川面に映るお月さまを、そっと掬い取る。新鮮な水をたくさん吸ったお月さまは、ずっしりと重たく、鼻を近づけてみると甘い香りが溢れ出しているのが分かる。...

3

もう人形は踊らない 2

団長が彼女のことをどこで知ったのかはわからない。  私は拾われ子で、気づいた時にはこの劇団で働いていた。団長の言うことは絶対で、ほかの団員達は最年少の私を可愛が...

7

もう人形は踊らない 1

パントマイムは黙劇とも呼ばれている。  言葉ではなく、動きだけで人を魅了するそのさまは、少しの違和感と子気味悪さを兼ね備えている。喜劇を演じるのが最近の主流だけ...

1

0.3ミリ

タナベ君はいつも、うぐいす色の細長い筆箱からシャープペン、消しゴム、付箋、蛍光ペン、定規、シャープペンの芯。必ずその順番で物を机に置く。  無意識のものなのか、...

6

あたたかな宇宙

人間の骨というのはあんなにも軽いのね。  そんなことを考えながら家に帰ると、真っ黒だったはずのワンピースに無数の光が溢れていた。薄暗い玄関で靴を脱ごうとしたとき...

4

忘却のメモリ

覚えておけることは、とても少ない。  僕は旧式で容量が少ないから。  いま、こうして玄関のドアに、もたれかかっているあいだにも、記憶が崩れていっているのがわかる...

8

お月さまのジャム

雪解けのころ、川面に映るお月さまを、そっと掬い取る。新鮮な水をたくさん吸ったお月さまは、ずっしりと重たく、鼻を近づけてみると甘い香りが溢れ出しているのが分かる。...

3

もう人形は踊らない 2

団長が彼女のことをどこで知ったのかはわからない。  私は拾われ子で、気づいた時にはこの劇団で働いていた。団長の言うことは絶対で、ほかの団員達は最年少の私を可愛が...

7

もう人形は踊らない 1

パントマイムは黙劇とも呼ばれている。  言葉ではなく、動きだけで人を魅了するそのさまは、少しの違和感と子気味悪さを兼ね備えている。喜劇を演じるのが最近の主流だけ...

1

0.3ミリ

タナベ君はいつも、うぐいす色の細長い筆箱からシャープペン、消しゴム、付箋、蛍光ペン、定規、シャープペンの芯。必ずその順番で物を机に置く。  無意識のものなのか、...

6

あたたかな宇宙

人間の骨というのはあんなにも軽いのね。  そんなことを考えながら家に帰ると、真っ黒だったはずのワンピースに無数の光が溢れていた。薄暗い玄関で靴を脱ごうとしたとき...

4