ぼんやりとした小説を書いています。

彼は独りで甘く眠る

握りしめていた手のひらの中で、「秘密」がぐにゃりと溶け出しはじめた。  私はそれに気づきながらも、手を開くことはしなかった。かわりに息をゆっくりと吸い込み、あい...

2

彼は独りで甘く眠る

握りしめていた手のひらの中で、「秘密」がぐにゃりと溶け出しはじめた。  私はそれに気づきながらも、手を開くことはしなかった。かわりに息をゆっくりと吸い込み、あい...

2