ぼんやりとした小説を書いています。

砂場で眠る

砂場で眠る。私は手をつないでもらっている。  目の前は星空ばかりで、月は見当たらなかった。でも空がぼんやりと明るいからきっとどこかに隠れているのかもしれない。  ...

1

砂場で眠る

砂場で眠る。私は手をつないでもらっている。  目の前は星空ばかりで、月は見当たらなかった。でも空がぼんやりと明るいからきっとどこかに隠れているのかもしれない。  ...

1