シカゴポストロック再訪 Sam Prekop

ネオアコをブラッシュアップしたような音楽性の高さにびっくりした覚えがある。
当時、プロデューサーのジム・オルークが最高傑作と言っていただけあり、その後のサム・プレコップのソロと比べても完成度が高い。

全体的にジャズに寄せた音作りと、アンニュイな雰囲気をもつ。
「ショウルームス」「ソー・シャイ」でのヴィヴィッドなストリングス、プログレッシブな展開を見せる「ザ・カンパニー」などシー・アンド・ケイクとも違った表現を聴くことができる。

とにかくシカゴの音楽の土壌の豊かさを感じることが出来る一枚。

https://itunes.apple.com/jp/album/sam-prekop/308211330

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!

marr

シカゴポストロック再訪

シカゴ音響派と言われたシカゴのポストロックシーンを振り返る。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。