見出し画像

はなむけのことば。

お店の閉店を発表してからかれこれ一ヶ月あまり、僕は自分史上最高の「送られる人」だった。中2のとき、転校を前に女子一同から「ボケの鉢植え」を贈られて以来の盛大な送られっぷりである。

連日、近隣ばかりか日本全国、さらには韓国からもお客様が駆けつけてくださり、そのさまはほとんど「生前葬」といっていい状態だった。脳内で、ポクポク……木魚の音が止まらない。

こういうとき、何はともあれ駆けつけてくれる人たちのことを僕はたぶん一生忘れることはないと思うし、また、近くから遠くから、かけていただいたあたたかい言葉のひとつひとつも忘れることはないだろう。

いまの思いを補強してくれることば。
これまでの歩みを肯定してくれることば。
未来に向かってそっと背中を押してくれることば。

こうした言葉の数々は、こころの引き出しに大切にしまっておいて、いつか必要なときに誰かのために取り出したい。いま送られている自分も、あすには誰かを送る人なのだから。

そこで、その時のために、今回いただいた言葉の中からいくつかをここに書き留めておこうと思う。

*この文章だけ単品で購入(100円)することも可能ですが、マガジンとして購読(月額400円)していただくと以下のようなメニューがお楽しみいただけます。

画像1

この続きをみるには

この続き:1,865文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

はなむけのことば。

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

14

岩間 洋介(Moi)

2002年より2019年まで北欧フィンランドをコンセプトとするカフェ「moi」を経営していました。渋谷のBunkamura→荻窪、吉祥寺でのカフェ経営を経て、日本とフィンランドとをつなぎつつ自由な発想による〝居場所づくり〟を構想中。http://www.moicafe.com

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮ら...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。