〈書きかけ放置復活1〉ライバル

信頼するひととはライバルで居たい。

これは若い頃からの私の信条である。ライバルだから負けることは当然自分に厳しく禁止する。同じ方向のずっと向こうをみて、肩を並べて


・・・・と、ここまでで終わってた文章。
多分、ですが(もう忘れてるけど)オットのことを書いてるな。

なんか、いろんなことで負けたくないのですよね。
いや、実際負けてばかりですが・・・・

この文を書き始めたとき、オットに頼りっきりな自分にたいして
OKを出せなかったんですよね。
オットといつも何かを張り合う緊張感を持っていたい。
切磋琢磨という言葉そのもののように。
もちろん、家族だから背中を預けてだらけることも許していきながら。

・・・でもね、やっぱり役割(引き受けるもの)ってあるわけで。

書きかけて書ききれなかったのは
自分に無理なほどにあれこれのプレッシャーをかけて
文字にできなくなっちゃったんだな。

ライバルでもいいんだけど頼るところは頼るしかない。
その代わりにどこかで頼らせてあげればいいんだよね。
多分 家族ってそうやって出来ている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

tomoko

ひとりごと

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。