「シブヤガワ映画祭」に参加します:テクノロジーで拡張する都市空間 〜2020年の東京、シブヤ〜

巷では「君の名は。」が市場に旋風を巻き起こし、私の周辺でも意見が割れておりますがみなさまお元気でしょうか(私はうっかり聖地巡礼、副読本読破、原作?小説読破してしまったクチです)。

そんな世情ですが、新しい映画の観方を提案する渋谷のお祭り「シブヤガワ映画祭」にキュレーターとして参加します。

なんと、オリンピック閉会式で世界を圧巻した、天下のライゾマティクス代表取締役社長の齋藤精一さんがトークゲストのお相手として出演してくださることになりました。イベントは二本立て、前半はキュレーター(私)が選んだ上映作品の観覧、後半はゲストとのトークとなっています。私のプログラムは10/10夜に開催です。

http://www.shibuya-eiga.com/pages/621729/naisyo-shibuya-b

噂の閉会式については口外できないことが多いと思うのですが、齋藤さんの専門分野である建築に紐付けながら、2020年を見据えた都市計画について前のめりにお話を伺いたいと思ってます。

奇しくもJETROのオリンピック・パラリンピック基本方針推進調査にお互い採択されていることもあり「進捗どうですか」的な話も個人的にききたいです・・・問題ない範囲で・・・イノラボさん&市原チームは主に地方向けの施策に目を向けていたのですが、アーバンな切り口で都市に関わるであろう齋藤さんに色々お話を伺いたいと思います。

上映作品は当日まで内緒で、イベント本番ではじめて明かされるのですが、私の大好きな映画です。渋谷にまつわるあの人が主人公です。齋藤さんの前でこれ上映するのは放送事故じゃなかろうか、と思うものの楽しみすぎて笑みがこぼれてます。
というかいろいろ事故のにおいがして超楽しみです。有料ですが一度きりの事故現場にぜひお越しください。

------イベント詳細-------

シブヤガワ映画祭

01:ナイショの渋谷 − 作品はナイショ! −

イベントプログラム

【全1回】10/10 19:00-22:00(開場 18:30)

① 19:00-21:00 (予定) 映画上映 (タイトルは当日までのお楽しみ)

② 21:00-22:00 (予定) トークセッション (市原えつこ氏・齋藤精一氏)

シブヤガワ映画祭でないと出会うことができなかった、きっかけがなければ観ることがなかった、そんなドキドキ感を味わって欲しい。

キュレーターが選んだ渾身の一作。

どんな作品に出会うのかは、映画祭に来てみないとわからない。

これまで出会ったことのない作品に、出会ってみませんか?

【テーマ】
テクノロジーで拡張する都市空間 〜2020年の東京、シブヤ〜

映画好きの著名人がキュレーターとして上映作品を選定。作品は当日までのお楽しみです。作品の鑑賞後には、キュレーターによるトークを行います。

記念すべき第一回目を飾るキュレーターは、日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作するアーティスト・市原えつこ氏。主な作品は、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》や虚構の美女と触れ合えるシステム 《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》 など 奇想天外なものばかり。

今回キュレーターとして選んでくれた映画も、そんな市原さんならではの視点で選んでいただきました。上映終了後には、プレイベントにキュレーターとして登場していただいたライゾマティクスの齋藤精一氏をお迎えします。上映作品からどのようなお話しが2人からお聞きできるのか?!

奇しくもお二人は「オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査」プロジェクト(JETRO主催 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局委託事業)に実施団体として採択されており、来る2020年に向けてのお話しも飛び出すかもしれません。

さてどんな映画が選ばれているのでしょうか?ぜひ、確認しに来てください!

チケット申し込みはこちらから

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝…大感謝祭…
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。