日利3億!KAZMAXさんのBTCFX手法がすごい!全部まとめてみた


28歳、イケメン、オシャレ、総資産50億円以上の漫画の中にしか存在しなさそうな高スペックボーイ・KAZMAXさんについてまとめました。人物紹介は軽めに、ビットコインFXに使っている取引所や取引方法を中心的にまとめたので、KAZMAXさんの手法が知りたい方はぜひチェックしてください!


スマホでチャートのチェック → GMOコイン 
使っていた取引所 → ビットフライヤー
現在、使っている取引所 → ビットメックス


1. KAZMAXさんの借金や投資歴など
1.1. 借金30億からの復活!
1.2. 生粋のチャーチスト
1.3. 投資の参考にしている本はない
1.4. 12月後半に参戦した理由
2. KAZMAX式の基本
2.1. デイ〜スイングトレード
2.2. レバレッジは0.8倍〜2倍
2.3. BTCの現物は、やらない
2.4. 見ているのはビットレ君と黒マチャート
2.5. テクニカルはFIBO&三尊
3. 三尊・逆三尊を見分ける方法
3.1. 三尊・逆三尊ってこんな形
3.2. 右肩下がりの逆三尊は弱い
3.3. 右肩上がりの三尊は弱い(否定率が高い)
3.4. エントリーするタイミング
4. 時間足の見方、使い方
4.1. 時間が広くなるほど強い
4.2. テクニカルが効く時間足とは
5. 予想と逆方向に行った場合の対処法
5.1. 損切りせずにナンピン?
5.2. ナンピンは損が大きくなる可能性も
5.3. “定着”したら損切りする
5.4. プロだからこそしっかり損切りする
6. その他、小ネタ
6.1. BFのSFDとの向き合い方
6.2. 無限150万って何? 
7. 自分にあったトレードスタイルを

KAZMAXさんの借金や投資歴など


吉澤 和真 1989年8月3日生まれ 男性 明治大学卒

Facebook 

Twitter

2013年の23歳から投資を始める。2014年の月収は1800万円。現在は日利3億円を稼ぐ事もある凄腕トレーダーになり注目されている。2015年頃からTwitterでリアルタイムで売買をつぶやくようになる。

今も昔も1日20時間はチャートを見る。睡眠は1時間×3回と、かなり短い。

BTCFXを始めたのは2017年12月後半からで元手は1億円。

借金30億からの復活!

KAZMAXさんは現在(2018年2月) 28歳と若いのに、かなり濃い経験をされてきました。

大学卒業後に売上30億負債30億の父親の会社(老舗の革製品製造業)に入社。60連勤、給料なしで会社を立て直そうとするも1年で破産し倒産。

不動産関係の3億円は23歳のKAZMAXさんが支払うことに。毎日ガラス割られ、金返せと張り紙され、夜道でボコボコにされるなど、とても相続破棄できる借金ではなかった。

知り合いの社長に土下座して800万を借りてトレーダーになる。借金当時は1日1食70円(フルーツグラノーラ・バナナ・豆乳のみ)の極貧生活。今は15キロ太ったらしいが、今なおイケメン👍


生粋のチャーチスト

KAZMAXさんはチャートを見れば全てわかると考えています。相場の答えはチャートにあるという、生粋のチャーチスト。株、先物取引、FX、仮想通貨などチャートがある、あらゆるものを取引しています。

ファンダは一切参考にしていないのですが、アメリカの大統領選挙などかなり大きいファンダはチェックされているそうです。

アルトコインには手を出していなかったのですが、2018年5月にBitMEX(ビットメックス)でリップルを全力買いして話題になりました。

BitMEX公式サイト


ここから登録すると6ヶ月間、取引手数料が10%オフなのでよかったらぜひ!日本取引所と違い即日で開設できます。

投資の参考にしている本はない

「凄腕トレーダーの参考にしている本を私も読みたい!」と思われる方も多いと思いますが、KAZMAXさんは参考にしている本ありません。毎日のチャートを見て気づいたことなどをノートに書き留めてそれを参考にしているそうです。

他人の情報はノイズになるので、取り入れないようにしており、自分の経験を1番に大切にしているそうです。ただ投資を始めたころは、毎週セミナーに参加したり、尊敬している師匠さんはいたとかなんとか。

2017年12月後半に参戦した理由

KAZMAXさんは満を持して12月後半に参戦しました。この時のBTCはこんな感じ。

アゲアゲ相場からトレンドが転換して下げ相場になった時期です。これはたまたまではなくて、狙っていたもの。

この転換期にショートをかけました。BTCは190万から100万まで下がりました。

上のつぶやきはまた別の時期の話ですが、「狙っている値がくるまでずっと待つ」という姿勢が分かります。


KAZMAX式の基本

●デイ〜スイングトレード

KAZMAXさんのBTCFXは1日〜1週間くらいで決済をするデイ〜スイングトレードが基本です。何日持つかどうかよりも、目標額に届くか(値幅をしっかり取れるか)を重要視しています。あらかじめ、損切り額も決めておりそれも公開しています。

数秒〜数分で決済するスキャルピングは、やらないそうです。KAZMAXさんは元手が多く、BTC何百枚も使って取引するため売買時の価格変動が大きくスキャが不向きなのも理由のようです。

【ポジションを取る時に大切にしていること】

・目標額(値幅)を決める
・損切りラインを決める

●レバレッジは基本1倍、狂気で2倍

BTCFXのレバレッジは基本1倍。狂気で2倍まで。

KAZMAXさんも人間なので、予想と逆方向に行くこともあります。「カズマックスさんが○○円までロングって言ってるから安心!フルレバで行くで!」と調子にのると逆に行った時にロストカットされて痛い目にあうので注意。

でも、元手が少なくてレバかけても損失をカバーできる範囲ならレバ5倍まではOKみたいです。

●BTCの現物は、やらない

レバレッジ1倍なら現物でも良いのでは?と思われる方もいると思いますが、現物とFXの大きな違いは「空売り(ショート)」が出来ない、ということ。

KAZMAXさんは「トレーダーは上げも下げも取ることが大事」と考えているからです。これはベテランさんなら皆そう思ってそうですね。

そして大事なのはショートはロングの3倍早く落ちるということ。

KAZMAXさん曰く、右肩上がりに上がっていくよりも、下がるスピードの方が早いそうです。なのでショートの方が決まると儲かるとか。

成熟したトレーダー達はショートのタイミングをずっと狙っているそうです。しかし「買いは家まで売りは命まで」という格言があるので、ショートもそんなに簡単な方法ではないと思います。

どちらにしてもリスク管理が大切ですね。

スマホで見るのはビットレ君、取引はBFからBitMEXに変更


スマホでGMOコインのアプリ「ビットレ君」、パソコンでは黒マチャートを見ているそうです。

そして、実際の取引はビットフライヤーで行っていました。ビットフライヤーはサイトが重くて使いにくいので現在はBitMEXに移られたようです。

「GMOとビットフライヤーFXは価格差が広いので参考にならないのでは?」と思われる方もいると思いますが、GMOはビットフライヤーから仕入れているので、ビットフライヤーの現物を同じ値動きをしています。

スマホでチャートのチェック →  GMOコイン(ビットレ君)
使っていた取引所 → ビットフライヤー
現在、使っている取引所 → ビットメックス


テクニカルはFIBO&三尊

数多くの機能・テクニカルがありますが、BTCでチェックしているのはフィボナッチ数と三尊・逆三尊、この2本柱です。

三尊・逆三尊を大事にしているのにはズバリ「当たりやすい」からです。

「何%の確率で下落するのか?上昇するのか?」を過去チャートで検証したところ、80%の確率で三尊・逆三尊が当たると分かったからそうです。ドル円、日経平均、先物の過去10年分を全部あらったそうです。


三尊・逆三尊を見分ける方法

●三尊・逆三尊ってこんな形

三尊も逆三尊も、どちらもお山が3つあって真ん中が一番出ていると成り立つ形です。簡単な形すぎて逆に覚えにくいんですよね…。そういう方はNO1仮想通貨女子なるみさんのチャートを見ると覚えやすいですよ(下ネタ注意)

黄色の線が三尊(売りのサイン)、青色が逆三尊(買いのサイン)です。

これは売りサインの「三尊」になって、ここが天井〜!下がるよ〜!と見せかけたのに「三尊天井否定」して、やっぱり上がる〜っと買いのサインの「逆三尊」になったチャートです。

これは逆に、三尊だけどネックラインが切り上がっているから、売りが弱いことがわかるそうです。


右肩下がりの逆三尊は弱い

右肩下がり(上値ネックラインを切り下げている)の逆三尊は弱いので買いのサインにならない場合が。

逆に右肩上がりの逆三尊は強いので、買いのチャンスになりやすいそうです。

右肩上がりの三尊は弱い(否定率が高い)

↑「往々にして逆三尊」は「往々にして三尊天井」の打ち間違えです。きれいな三尊が出来ているけど、ネックラインが切り上がっているので三尊否定して上がる事が多いとの事。

エントリーするタイミング

図で簡単に書くとこのような感じになります。1つのめエッジに、2つめのエッジが届いたあたりがエントリーポイントです。

逆三尊が崩れたら損切りしてドテンショートと書きましたが、往復ビンタの可能性もあるのでノーポジでチャート見ているのも良いと思います。

時間足の見方、使い方

●時間が広くなるほど強い

三尊、逆三尊は時間が広くなるほど強いテクニカルを発揮します。15分足より、1時間足の方が強い。1時間足よりも4時間足。4時間足よりも8時間足。日足、週足…と。1分足で三尊が出たのと週足で三尊が出たのでは大きな違いがあります。

そして、みんなが注目するであろう節目で、とくに大きな意味を持ちます。誰も注目していない値幅のとこで「30分足に強い三尊が出た!ショートだ!」とは、なりにくいそうです。

みんな注目していない値幅とは、JPY、USDともにキリの良い数字じゃない、反発もなく何回も通り過ぎているとこ、フィボナッチにも引っかからないとこ、等だと思います。

たとえば4時間足では強い三尊が出ていても、8時間足で見たら強い逆三尊だった場合。時間の広い8時間足優先して、上る可能性があると考えるそうです。

テクニカルが効く時間足とは

デイ〜スイングトレードなので大きい時間足をチェックしながら、節目では小さい分足をチェックするようです。

週足、日足、8時間足、4時間足、1時間足、15分足、5分足、1分足がありますが、基本的に全部チェックされているそうです。ただ、普段は大きくみて(日足など)節目を迎える時は細かく見る(時足、分足など)のが大切なポイントのようです。

このチャートは、8時間足で逆三尊、1分足でも逆三尊になっています。

また100というキリの良い数字も、みんなが注目するため節目として見ているようです。

フィボラインから見ても節目の数字でした。38.2%と23.6%で何回も反発しているのが分かります。

そしてこれが先程も書いた、かなり大事なこと。「大きい足のテクニカル&節目」の時は「小さい足テクニカル」が有効になります。

これは私が線を引いて作った画像です。エッジの部分が切り下がってるけど、ネックラインぎりぎり平行なので、セーフなのかなと。

そして同じタイミングで1分足では右肩上がりの逆三尊が出来ています。これもネックラインは平行ですが、エッジが切り上がっているので「強い買い」と言えるそうです。

【大事なことまとめ】

・時間が大きくなるほどテクニカルが強くなる
・節目の時だけ分足のテクニカルが通用する

予想と逆方向に行った場合の対処法

●損切りせずにナンピン?

KAZMAXさんも読みを外すことはあります。下のツイートはロングしていたけど、下がりすぎたので底で買い増ししてプラ転になった、場面です。

フィボの38.2%で上に抜けると思ってロングしたけど、実際は23.6%まで下がってから反発して上に抜けました。

損益履歴をみると含み益→含み損→含み益になっているのが分かりますね。

「なるほど!損切りせずにナンピンすれば良いんだ^^」と思うのはダメ!

3枚目の未来予測チャートにもあるように、ある程度一回下がるのは予想されていました。思ったよりも下がりまくったので含み損になったのですが、

8時間足で見ると大きな逆三尊が崩れていない形だったため、「これは一時的な下げ圧で上がっていく」自信がありナンピンしたようです。ドテンショートしていないのも、チャートを見て上がると確信していたためだと思います。

ナンピンは損が大きくなる可能性も

ここまでの流れは、

2月21日 ドテンロング
2月22日 100割れでナンピン
2月25日 100割れでファイナルナンピン BF上限1000枚になる(現物も入っている?)
2月26日 含み損2億円から含み益1億超えに
ターゲットは150万、もしくは125〜130万。124.5万まで行くが目標に達していないため利確せず。

3月9日 100割れ定着したので、97で損切りしてドテンショート。
ドテンショートのあとに上がったので損切りしてノーポジになる。

という流れでした。BTCが急落している時、私は「KAZMAXさん頼むからこっそり利確しててくれ〜;;」と思ったのですが、本当に利確していなかったようです。

3年ほど続いていたリアルタイムのポジショントークでしたが、これからは公開を控えるそうです。フォロワーが増えすぎたため影響力があること、仕手集団や投資機関にもチェックされている可能性があるためだそうです。

“定着”したら損切りする

KAZMAXさんはポジションを取る時に目標額と損切りラインを明確に決めています。しかし損切りラインに到達したからすぐに切る!というわけではありません。

「定着」したら損切りを行います。ここで疑問なのが損切りの定着、という意味ですが、KAZMAXさんはこのように説明しています。


今回の1000枚BTC持っている時も100定着で損切りナンピンと言っていましたが、それを実行されました。

しっかり損切りする


参考にKAZMAXさんが過去にした損切りを集めました。

88万でロング、その後85,6万でさらに買い増ししたけれど、80万切っても下がり続けるので損切りして77,78万でドテンショートしたけど同値くらいで利確して、一時のノーポジ。

その後67万でロングして79万で利確してからのドテンショート。

その後、損切り?利確?して84万ドテンロングして87万円で利確してから一時ノーポジなどなど・・・。

スレッドを最初から読むと分かりますが、プラ転することもあればマイ転することもある、損切りすることもあるし、持ち続けていればよかったと思うこともあるみたいです。

ビットフライヤーのSFDとの向き合い方

ビットフライヤーのSFDに大しては文句をいっても状況は変わらないので、限界まで努力して分析することが大切だと考えています。
KAZMAXさんはビットフライヤーをメインに使っていましたが、現在はビットメックスがメインです。


無限◯◯万って何?

ときどき使われる無限150万。「無限?意味深な言葉・・・」と思う方もいますが、「ターゲットは150万」を何故か「ターゲットは無限150万」と打ち間違えた言葉で、深い意味はないそうです。

ロング目線の時の利確目安として使われています。


payopayo

早く→はよ→ぱよ→payo 「早く」という意味です。早く上がれ〜早く下がれ〜みたいな意味です。

・◯◯万payo → ◯◯万円に早くなってほしい

・セリクラpayo → セリングクライマックス(大暴落)早くなってほしい

ヒューッ。

チャートが急落したときに使われる言葉です。「ヒュー」よりも「ヒューッ。」が多いです。「ッ。」が最後につきます。

ヒューッ。もpayoもチャートに関係なく、あいさつ的な意味合いもあり。


自分にあったトレードスタイルを

トレードスタイルは人それぞれです。KAZMAXさんのスタイルはロングもショートもするデイ〜スイングトレード。

ポジション持ったまま寝るなんて絶対に無理!という方もいるでしょうし、自分にしっくりあったスタイルを見つけてください!

今、BTCFXは先物や為替に比べると機関投資家の参入が少なくて稼ぎやすい相場といわれています。このチャンスを掴んでお金いっぱいGETしたいですね♪

この記事はDiscord「KazmaxFAN倶楽部」の皆様にもご協力いただきました。ありがとうございますm(_ _)m


スマホでチャートのチェック →  GMOコイン(ビットレ君)
使っていた取引所 → ビットフライヤー
現在、使っている取引所 → ビットメックス

☆BitMEXの特徴はこんな感じ☆

海外取引所
日本語に対応
日本円は使えずXBT(BTCの事)で取引
アルトコインFXも出来る
レバ最大100倍、アルトコインは最大20倍
追証なし
テイカー(成行、板に並んでいる注文)の手数料は高い
メイカー(これから板に並べる注文)の手数料は安いどころかお金もらえる
ポジション持って8時間ごとに手数料がかかったり、もらえたりする

などなど。

このページのリンクから登録すると取引手数料が半年間10%オフになるので、よければぜひ!

BitMEX(ビットメックス)

もう半年経っていて10%オフじゃなくなってもた:(;゙゚'ω゚'):という方はアカウントを作り直してまた10%オフをゲットする裏技がありますよ〜。(公式がOKしてるからインチキじゃないよ!)

新しいメアドが必要ですが、Gmailのエイリアス機能を使えば秒で登録できます。たとえば bitmexdekasegitaize@gmail.com だとしたら

b.itmexdekasegitaize@gmail.com とか bi.tmexdekasegitaize@gmail.com とか!新しいメアドとして登録されるけど、メールがくるのは同じ受信トレイなので、とても便利な機能ですー!

BitMEXで爆益のカズマックスさん!

手数料6.7BTC...。1BTC70万だとしたら469万円........:(;゙゚'ω゚'):

稼げば稼ぐほど手数料が重くなってくるのでできるだけ節約したいとこですね!!!!!


BitMEX(ビットメックス)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

( ✌︎'ω')✌︎OSAISENBAKO✌︎('ω'✌︎ )

最and高
393

もきょ

爆益トレーダーさん

15つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。