〇2万の収益 65 6月19日 相場展望 何故下がると思うのか4つの根拠とFOMC米中合意というワードは上昇させる魔法に成り得るか


雑感

こんばんわもまるです。あんまりプライベートの事を話すのもアレですが

本日休日でした。いつものように相方を病院まで送っていき、相場に久々に参加しましたが相場の糞さも相まって思った成果は得られなかったと思います。そんな中、相方さんから電話がきて、「あれ?この時間に電話してくるって珍しいなあ」と出たら・・・「体調不良で今寝室で寝込んでいる」という相方さんの同期の職場の友人からのお電話でした。慌てて、現場向かう準備したものの、結論言えばただ疲れて病院の事務室で寝込んで熱を出していたとの事です。(同僚の人がテンぱって私にかけたようですがよっぽど彼女が休むやダメージを受けるという事態が緊急なんでしょうね)私もさっき丁度迎えにいき、早退させて明日も休むように言ったのですが、本人も「ただの疲れでもう治ったまた戻る明日も出る」と意気地になっております。熱も下がったのも相まってさすがに本日は休ませて寝かしました。最近夜まで残業する事もあり、あまり仕事の話をしない相方から病院の問題をチラホラ効き、医療業界の闇を感じざる得ませんでした、今度NOTEでネタにしよっかなー(冗談です)まあそんな事もありましたが無事彼女も何事もなくほっとしております。

はい、話長いですね!終わりです!


収益について




28,040円の収益!!

今回ですが、とにかく値幅尋常じゃない狭さでした。

まるでトンネルのような狭い狭いレンジ内でしたが一日通してのチャートを見てみるとこんな感じです。

5分足チャートですが、これは何を意味するか分かりますでしょうか。

朝爆発した後

一切個人トレードの売買のない閉塞チャート

下げず上げずのどこかの誰かがコントロールしてるチャート

何かの数値を待つためにここで待機させようとするチャート

何かの数値と言えばまあ直近で言えばFOMCの発表でしょう。そもそも論ですがそんな期待値を煽るようなイベントでありましたっけ?

実は利上げを見送る方針は3月に発表しており、これが年内少なくてもない事が分かった以上とても短期間で織り込まれる内容にすぎません。(後述に利下げではなく規定値が据え置きではないかという根拠記載します)


まあしかし、本当に自由市場なのか疑うぐらい統制され、コントロールされた市場かと思います。日経平均が欧州欧米の大きなトレード口のヘッジ先でしかないと痛感します。まあ初心者殺しの日経平均なんてもはや日本のトレーダーが触りたいと思いませんでしょうね。

今や株=リスク 連日暴落報道もある中でパンピーが触っていいと思っているのは

(多分意味が分かってなくても)NISAだ!iDeCoだ!だってのがギリギリじゃないでしょうか。

そんなわけで成果もイマイチって感じでした。


今後の相場予想について


ツイッター上のタイムライン見るとこの買い支えやある種ダウの好調さを示しているのは上昇トレンドがあるからと考える人も多かったです。

私もそうなのかな・・・と思いつつも少し懐疑的な面もあり結論言えば

ショートポジション継続・・・どころか売りをさらに入れております。

その理由としては何かと言う4つの根拠がございます。


①トランプの中国良好関連の発言

ただいま、絶賛中国上げ中でございます。そしてこのワードが出てきました。

G20で米中合意に可能性がある

こいつ何度目だよ。。。と思わなくないですが、3度目の正直な所、市場はこの情報に好感反発での反応となりダウは再び上昇トレンドになっております。

しかし実権はともかくとして合意や総意になるまでのプロセスや過程をクリアーせずにこの1日2日の会談で可能なのかという問題は別にあり、さらにトランプについて彼が米中合意を匂わすのは株価操作の常とう手段でしかありません。思い返せば、この方、このやり取りは去年からやっております。




合意合意並べてのハシゴはずしがこれ↓






ツイートについてはトランプは2つの形の使い方をしている。

一つは株価操作。下がりそうだ、下がってしまったという要因ワードからそれを解決を匂わせる発言をします。

今、株が下がる要因は二つです。

米中貿易摩擦とFOMCです。これらに対して批判的、あるいは解決策があるかのワードを組み込みんで発言を行います。(通常トランプ砲)

まあこのおっさんは一人アルゴみたいなものです。ほっときゃよいと思うのですが、何せ世界最強の経済大国の頂点となる人物ですからそうもいきませんよね。

合意するかも・・・と言いつつ見送り関税報復合戦

FOMCを圧力かけてもその通りにならず、パウエル解任示唆

この男はまず言葉アリキで物事に向かう方法を行っております。しかしここまで株価とか経済政策に気にする大統領もいなかったと思いますので、ある意味優秀かつ政策スペシャリストのような気がします。

我が国の 景気は緩やか回復  と壊れたテープレコーダーのようにいってる日本の総裁よりは1000倍マシなのかもしれません。


よってまだ方向性も発展の可能性も不透明と見るのが妥当と考えています。

②FOMCの利下げ期待について

元々は利上げ阻止をいかにするかという議論が今年に始まっての事ですが、どういうわけか、米中貿易問題の暴落からの論調は利下げ前提に市場は反応しており、誰かさんが下落させた株価とスポイルをFOMCの批判と利下げ方面に転換させられ株価の期待値がそこに着眼点を置かれている状況です。

そもそも今年は前半期に置いてアメリカの内需経済指標は堅調だったという話は過去のNOTEでも十分書いております。

そんな堅調な景気経済に利上げは水を差す事だ!という論調であり、結論してどうなったかというと

■足もとの金融市場は昨年後半から年末にかけての急落から落ち着きを取り戻しており、米国経済も2019年後半から2020年にかけて持ち直しが期待されます。一方、FRBは物価が上がらなければ利上げをする必要がないという方針にシフトしており、政策金利は当面据え置かれると見られます。
19年の利上げは見送られる見通し
■FOMC参加者によるFFレート予測値の分布を示す『ドットチャート』は、18年12月時点に比べ、予想の中央値(数値を小さい順に並べた時、中央に位置する値)が引き下げられました。

今は景気の不発弾にならない判断に据え置きが適切だと判じた内容かと思いましたが、たかだか5月の一度の暴落といくつかの経済指標の低下に伴って利下げが行えるかは別問題です。据え置きこそ適性かと思いますしすでに市場が勝手に利下げを前提に織り込んでいるのなら偉い失望下落が待っています。ドットチャートはインフレ率と経済状況の繊細なバランスで保っているものです。今起きた事象が米中貿易問題で、その矛先がFOMCの利下げ期待でしたら、長期的な面で言えば為替、債券、外需産業に及んだ不景気を招く事態です。

そもそも利下げはもろ刃の剣でしょう。株高の反面 景気後退の前兆と円高ドル安に向かう可能性があります。そのため据え置きこそ正解かと思いますが、どうもチャート上ではこれらを期待値が大きすぎるという点があります。

その要素や自体を事前に分かっているトランプがあらゆる方向性可能性で株価を釣り上げて、(分かっている据え置き)下落に備えているのではないかと読んでおります。まあ本日、普通にFOMCが利下げしたらただの妄想話ですけどねw

③ダウ平均との連動 乖離

最近は悪い意味で日経平均がダウとの乖離を行っており、スプレッドも5000円以上の差になっております。

本日の5分足チャートを見てももはやダウの世界観とは別空間の展開であり、

ダウは利下げや合意の期待値から上昇トレンド

日経は国内経済指標ガン無視の海外勢と国内証券のランデブー相場(たまたま上昇トレンドっぽい感じ)

似てるようでまったく違う思惑で動いております。

こういった軟調展開から各種欧州欧米軍団のオプション・先物の動きがダウとの連動性を切り崩してハシゴ外しの可能性があります。


④大衆方向が楽観になりつつある

何一つ問題は解決していませんが日経平均もすでに上昇を盛り込んで語る方もおります。国内取引窓口となるネット証券系や個人トレーダーは主に逆指標となる可能性もあります。非情に歪んだ発想というか天邪鬼ですが、過去楽観論が出てきたときにはすでに遅しというアノマリー的直感です。


以上が私がショートポジションを持つ4つの根拠です。

すでに昨日など、予兆はあったと思いますが一応上昇という形で不発に終わりました。大衆総意ならば当面は上げでしょうが、市場はそんなにシンプルではありません。・・・・と勝手に思い込んでる次第です。


私のポジションについて


お前、ショートポジションどうしたんだよ!

なかったことにしてしてるんだろ!

っていう人はおりませんが、思っている人いると思います。

安心してください。しっかり私はショートポジション持ちこしております。


3000株ショートポジションという目を覆いたくなるような形ですがさらに今回ショートポジションを1300株積み増ししました。計算すれば分かりますが

含み損は170万ぐらいです(涙

別に意地になってるわけでもなく、単に最近相場に向き合えず損切りや

私のやっているスキャルピング相殺を行えなかったので、これについては取り急ぎ17060~17070の部分は相殺して消していく予定です。

私の資産ですが?安心してください。後4000~5000株は買えますのでいつものマネーパワーで間違ったら消していきます!(情けない宣言です)


皆さん健全なトレーダーさんは明日も多分上がるかもって思うのが正しい選択でしょうがお互い儲けられると良いですね(涙


最後に・・・

余談ですが私は12月の暴落で1050万損失を抱えておりました。

6月20日どうなったか報告致します


ついに100万きって残りの損失746,646円までになりました。

とても長かった・・・この6か月で900万以上ETFの勝負で稼ぎ出した形になります。これらも日々の皆さんのツイートや有識者様のコメントの応援や参考情報のおかげでもあります。後少しですがこの1年プラス収益にもっていけるよう努力してまいります。

え?含み損も損として数えろって・・・・・?


じゃあ残り240万以上収益出さなきゃ駄目だ・・・・長い道のりは終わってなかったお。



終わり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです。ありがとうございます。
7

もまる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。