見出し画像

スーツとニート

私は最近仕事を辞めました。理由は9月に海外の大学に行くからその準備をしたいから早めに退職したのですが、最近ふと思ったことがあるのです。それは”29歳で今から大学に行って日本に戻った時に仕事はあるのか?”という問題

私は勤めていた頃、海外の大学に行く為に仕事と並行して勉強を続けていました。時には仕事や通勤で疲れ果てて全く勉強ができない日とか休みの日は参考書を開くのも億劫になることがありましたが、今年の3月に大学から入学許可のメールがPDFと一緒に送られてきた時は苦労が報われた瞬間でした。

しかし、いざ行くとなると躊躇する私がいました。

何が私の足かせになっているのかと申しますと”30代での転職”です。

30代となると、ある程度社会経験を積み後輩も沢山でき、役職もついてくる頃だと思います。しかし、私は恥ずかしながら20代前半は人生の目標も何もなく大半はアルバイトとして生きてきました。24歳の時に本当に私のやりたいことを見つけ今現在はその理想の自分になる為に歩いてきました。

そして、理想の自分になる為には何か1つキャリアに”箔”をつけたいとアホなりに考えた結果の一つが海外大学の卒業でした。もし仮に32歳で日本に戻ってきてその”箔”をつけて帰ってきたとしましょう。その時に会社が本当に欲しい人材になっていることができるのか、私は外資系のホテルを志望しているのでそこで必要になってくるのは”英語力”、”コミュニケーション能力”そして今までホテルで働いて得た”経験”と”人柄”。

日本で働いていれば、大きな仕事を任せてくれる可能性もあるかもしれません。しかし、海外のホテルで働くとなると現地の職員にはそのチャンスは巡ってくるけど外国人の私に大きな仕事を任せてくれる可能性は低いのかなと。

しかし、それは実際に現地に行かないと分からないことであり私が思っていることは事実ではないかもしれません。語学力があり真摯に仕事に向き合っていればチャンスは誰にでも巡ってくるかもしれません。

では今の自分が3年後、日本に戻ってきた時になっていたい理想の自分は何なのかと考えていました。

1, 英語力を上げたい。

具体的には、ケンブリッジ英語の”CAE"を目標に取ること。その為には"PET"と"FCE"を1年ずつの目標で勉強する。結果、日本の外資系のホテルで働くさいに少しは評価になるのかなと思いました。

2, 海外のホテルで職員からの信用を得る

信用を得るということは大事な仕事を任されることに繋がると思います。

では具体的に何をするのか、最初は自身のタスクをこなしながら効率的に仕事ができるように考えながら仕事をする。もしみんなにシェアしたいことがあれば、朝礼の時に積極的に発言をする。毎日何でも良いので気づいた点や分からない点を同僚やバイザーまたマネージャーに聞く。

休憩の時は他部署の人と話すように心がける。ホテルのイベントは積極的に参加する。

こんなことを書いておきながら27歳の時の私は全くこんなことを出来ていませんでした。せっかく英語圏のホテルでインターンシップを1年間していたにも関わらず。今考えると私がワークビザを取ることができなかったのはこういう点を抑えていなかったからなのかなと振り返ってみて感じました。

以上の点を目標に生活をすれば、少しは転職活動の時のアピールポイントになるのではないのかなと考えました。

最後に、実際に海外の大学に行くのかはまだ迷っている段階で現在は転職活動も並行して動いています。自分の人生を見つめて行く良い機会なのでじっくり考えたいと思います。

p.s 今日転職活動用に写真を撮りに行ったのですが仕事もないのにスーツを着て外に出るというのは変な感じがしました(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

3ヶ月前に会社を辞めてブロガーになりました。趣味は英語学習で2019年にヨーロッパの大学に合格しました。そのときに参考にしたことをツラツラとブログに書いております。応援よろしくお願いします。

励みになります!
1

もみじ

今年の3月にヨーロッパのとある大学のホテルマネージメント学科に合格をしました。趣味は英語学習と投資です。ブログのほうでこの2つをメインに書いており、たまに英語でもブログを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。