LP作成する際に考えてた方がいい5つのこと

[バナー制作時に意識している5ヶ条]が、私が書いたnoteで一番いいね!が多いので、今回、LP版を考えてみました。

本当は、LP作る際も、ペルソナ設計やカスタマージャニーマップを考えるのがマーケティング的に理想的だと思いますが、小さい会社や中小の企業だとそこまで考えられないと思います。
なので、私がいくつも経験してきた中で、気づいたことを5つにまとめてみました。

1 ターゲットユーザー
-ターゲットユーザーは、商品/サービスの後ろにある開発した理由や思いからひもどいていくと分かりやすいと思いますが、誰のために?何のために?作ったのかを明確化することが大事だと思います。

2 商品/サービスを開発した理由/思い
-商品/サービスを開発した後ろにあるストーリーを思う存分語る。
-"この商品を作ったのは、誰かが困っていたから"など、悩みや開発した理由を考えておく。

3 実際に使用したモニターやユーザーの声や実績
-その商品/サービスへの信頼につながるので、悪いこと2割/良いこと8割くらい書いているレビューを集めると良いです。(あまり良いレビューばかりだと、信ぴょう性が下がる)

4 この商品/サービスの1番他社とは違う点
- 商品/サービスを開発する前に競合調査をして、周りがやっていないことや弱点を洗い出して、それを思いっきり伝える。
- 洗い出す際に、最初に目立つ点(他社が売りにしている点)を先にメモっておいて、自分が買う立場になって考えてみる。

5 ターゲットユーザーごとに合わせたデザインや文言
-例えば、50代〜の方がターゲットユーザーだと「若者言葉は使わない」「見慣れたデザイン(使っている携帯の機種を数人に聞くなど)」にするなど。

まとめ
1 LPに限って言うと、もちろん綺麗に越したことはないんですが、超絶ダサくても売れます。
2 私が思う理想な構成→ターゲットユーザーが抱える悩み→解決→解決する理由(商品やサービスの詳細/開発した思い/レビュー)
3 自分が買う立場になって考えてみること
4 誰のために?何のために?作ったのかを明確化すること
5 ユーザーに分かりやすいデザインや文言にすること

以上が、私が思うLP作成する際に考えておいた方がいい5つのことです!!!

私が一番初期に作った商品ページで、当時5つのことを考えながら、構成を書いてページを作り、月200枚以上売れる大ヒット商品になったのはコチラです〜↓

すきまパッド

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

イタリアに行って、本場のカルボナーラを食べる足しにします。よろしくお願いいたします。

好きなものは、ホルモンです。
3

カルボナーラつぼち

21歳からこの業界に入り、謎にWeb/UIデザイン8年目になりました。 https://www.tsubochidesign.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。