シティリーグ3 詳細レポート(でんでん)

みなさんこんにちは、でんでんです。

3月24日のシティリーグ3に参加してきましたので、そのレポートを書きます。

全文無料で読めて、最後にオマケもつけておきましたので暇潰し程度にお読みください。

ではその一部始終を見よ!!

目次
1.簡易レポート
2.デッキ選択にあたって
3.当日の詳細と反省
4.オマケ

1.簡易レポート

使用 「抽選ピカゼク」

1戦目 ジュゴンゾロアーク○
2戦目 ピカチュウ&ゼクロム○
3戦目 ゾロアーク?○
4戦目 ジュゴンゾロアーク×
5戦目 ジュゴンゾロアーク○
予選同率5位通過
トナメ1回戦 ジュゴンゾロアーク○
トナメ2回戦 エルフーンフーパ○
準決勝 ジラサンライコウ×
結果 4位

2.デッキ選択にあたって

シティリーグのデッキを決めるにあたって、大会1週間前にある2つの自主大会を参考にしようと考えました。

それが
3月16日のMTリーグ と
3月17日のえどぽけ
です。

どちらも関東で定期的に開催されてる自主大会で、実力派が多数参加しているため大会前の調整にはおすすめです。自分もよく参加させていただいております。

16日のMTリーグでは「デスカーンギラティナ」を使用しました。
当時流行していた「ズガドーン単」に対しては

・のろいのお札でねがいのバトンをほぼ無効化できる
・やぶれかぶれでルザミーネPを使わせない

この2点などから有利と判断しました。

構築にあたってはサーニーゴ&まほうじんTAGとブラボーさんの記事を参考にさせていただきました。

サーニーゴ&まほうじんTAGの記事がこちら
ブラボーさんの記事がこちら

以下当日の簡易レポートです。

3/16MTリーグ

使用 「デスカーンギラティナ」
△(時間切れ)

×

×

結果 予選落ち

反省点の多い結果でした。

「デスカーンギラティナ」は使用プレーヤーの練度の高さによって、高いパフォーマンスを発揮できるデッキだと思います。
そのため、あまり使ったことがなく、そもそもポケモンカードがうまくない自分には合わないデッキでした。
また、対戦時間の管理が下手で制限時間内に終わらせられないことも大きな問題点でした。

自分の試合を見ていたどらんご君からも
「デスカーンのような難しいデッキではなくもっと簡単に扱えるピカゼクの方がプレイスタイルにあっているのではないか」
とアドバイスを貰い、次の日のえどぽけで「ピカゼク」を試すことにしました。

16日の夜

ピカゼクの作成にあたってタクヤさんとセンダイさんの記事を参考にしました。
これらの記事はとても参考になるので、ほぼ毎日読み返しました。

タクヤさんの記事はこちら
センダイさんの記事はこちら

以外当日の簡易レポートです。

3/17えどぽけ
使用 「ピカチュウ&ゼクロム」



×

×
結果 ベスト8

フラダリラボを採用したピカゼクがズガドーン単にかなり有利だとわかったことが、この日の収穫です。

制限時間の問題もピカゼクなら関係なく、プレイングもシンプルで自分に合っていると思いました。

しかし、最後にはルガゾロに負けてしまい、課題も残りました。

また、この日の優勝はルガゾロ。従って環境的にもルガゾロが強いことを理解しました。
それによって強いと思っていたデスカーンは相対的に弱体化したと考えました。

それからピカゼクの細部をいじりついに大会前日

フラダリラボを複数入れたピカゼクを使うことは決めていましたが、残り数枚に迷っていました。

その時救いの手が差し伸べられました。

サーニーゴ&センダイTAGがアドバイスをくれました。
参考になるアドバイスからレシピを5-6枚変更
「抽選ピカゼク」という名前をつけられ、デッキが確定しました。

以外当日の詳細レポートになります。

3.シティリーグ3当日レポート

1戦目 ジュゴンゾロアーク○

相手のスタートがヨーギラスと戒めの祠で苦手なバラマキデッキだと思い焦りました。
ですが、ゲームを進めていく内にゾロアークGXのデッキだったことが判明しました。
やぶれかぶれで動きが鈍くなったこともあり、勝つことができました。

2戦目 ピカゼク○

先に相手にフルドライブを打たれてしまいましたが、それをマーシャドーGXで返すことができ、逆転勝利できました。

3戦目 ゾロアーク?○

時間が押しており、お腹がすいていたため詳細を忘れてしまいました。
確かゾロアーク系統のデッキだったと思います。
お昼は「銀だこ」のてりたまたこ焼きを食べました、美味しかったです。

4戦目 ジュゴンゾロアーク×

じゃんけん負けて後攻。
1ターン目に相手のベンチにメタモンPが見えているにも拘わらず、デデンネGXとコケコPの特性を使わないという甘えたプレイ。
その結果、2ターン目に相手にジャッジマン+アローラベトベトンを決められてしまい、そのまま負けました。

5戦目 ジュゴンゾロアーク○
じゃんけん負けて後攻
相手のベンチにメタモンが見えたので、前の試合の反省を生かしてフル展開。
サイドを相手に3-2-3で取らせるように動けたことが大きく、勝利できました。

予選結果 同率5位で決勝トーナメント進出

トナメ1回戦 ジュゴンゾロアーク○

じゃんけん負けて後攻
ベトベターが見えたので今回もしっかり展開、そのままフルドライブまで繋ぐこともできました。
タッグボルトまできれいに決まり勝利です。

2回戦 エルフーンフーパ○

1回戦の後に、次に当たる卓の対戦を見ると、「エルフーンGX」vs「マタドガス」というどちらが勝っても厳しい組み合わせ。

勝ったのはエルフーン、この時点でフーパが複数入っていることを確認しておりかなり厳しい戦いが予想されました。

しかし、対戦が始まってみると相手は事故の様子。自分はコケコPスタート、先行2ターン目からマッハボルトを打てて、そのまま種切れで勝つことができました。

3回戦 ジラサンライコウ×

初手からエレキパワーを3枚切ってリーリエ打つ、若干厳しい展開。

相手がもたつく中、3ターン目にフルドライブを打つことまではできましたが、それをカプコケコGXに返されてしまいます。

初手でエレキパワーを切ってしまったことが響き、そのコケコGXを倒すことができません。
そのまま相手にサイドを5枚先行されてしまいました。

最後は相手の手札がかなり少なくなっており、思うようにドローもできていなかったため、勝てる可能性も残っていましたが、自分のサンダーマウンテンを割ることができなかったため、とどめを刺されてしまいました。

最終結果 4位

反省

まず良かった点
自分のプレイスタイルに合った適切なデッキ選択をできたことが4位という結果に繋がったと思います。
また、予選でジュゴンゾロアークに負けたあとに、何故負けたのかを振り返り、気持ちも切り替えられたことで、その後のジュゴンゾロアーク2連戦を勝つことができたと思います。

負けた後の振り返りは大切だと改めて実感しました。

次に悪かった点
後の対戦に生かすことができたとはいえ、4戦目のお粗末なプレイングには猛省です。
練習不足から出たミスだと思うため、精進します。

また、準決勝の試合もプレイング次第では勝てる可能性は十分あったのではないかと思います。

大型大会では1つの勝敗が獲得CSPを大きく左右します。1ポイントでも多く稼ぎたい状況において、1つのミスでも致命的です。
ミスを少しでも減らせるよう、今後もより練習を重ねていきたいと思います。

皆様対戦ありがとうございました。

4.オマケ

シティリーグのレポートは終わりますが、ここからオマケコーナー(有料)です。

使用したレシピはこのブログで公開しませんが、シティリーグ前日に僕が撮ったプリクラを公開します。

このプリクラは1月のポケカメモ杯でのやらかしとCL千葉で1-3したことに対する罰ゲームとして撮りました。

チーム桃屋のブログで集めたお金は全てWCSの旅費に充てる予定です。

プリクラが気になった方、桃屋のアメリカ遠征を手伝って頂ける方、どうかよろしくおねがいします。

載っている写真ですが、個人で見て満足して頂く分には何も言いませんが、転載、加工、GXマーカーにするなどはしないでいただけると助かります。

この続きをみるには

この続き:45文字/画像1枚

シティリーグ3 詳細レポート(でんでん)

チーム桃屋

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

チーム桃屋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。