ポケカの「チーム」とは?

願い星!逃げる!ポケモン入れ替え!グズマ!エアロトレイル!

こんばんは、最近カードを目で追えないサーニーゴです。

わかりやすい文章を書く練習という意味も込めて、簡単な記事を書きたいと思います。

今回のテーマは「ポケカのチーム」についてです。

あくまでも僕自身の捉え方なので、「参考になるなぁ〜」「そうか‥」ぐらいの感じで読み流してもらえたら幸いです。

どちらかといえば、最近始められた方向けに書いているつもりですが、ポケカプレイヤー歴の長い方にとっても思考や概念の整理になれば幸いです。

それでは本題に入りたいと思います。

** 最近「チーム○○」ってよく聞きませんか?**

簡単に説明すると、ポケモンカードをするための仲良しグループみたいなものだと思います、大学の非公認サークルみたいなイメージですね。

「チーム桃屋」のようにチーム名がついているチームがほとんどですが、特に名前を付けてないチームもあります。

何を目的としてプレイするかは人それぞれです。

「とにかく対戦したい!」

「大会で勝ちたい!」

他にも色々な目的や目標があると思いますが、

目的の近い人同士で集まってるのがポケカのチームだと思ってます。

そのためポケカのチームにも色々なチームがありますね。

僕の所属する「チーム桃屋」は「大会で勝つ」ことを目的として活動しているチームです。


では、ここからは桃屋視点で「大会で勝つ」ことを目的として活動するチームに関しての話をしたいと思います。

桃屋の「大会で勝つ」ことの基準とは「チャンピオンズリーグ」(日本国内の大型公式大会)でベスト4以上、「WCS day1」(世界大会)の権利獲得のことです。

※以下の文章での「チーム」とは「大会で勝つ」ために活動しているチームのことを指します。

では、僕の視点で「チーム」に所属するメリットとデメリットをいくつか上げつつ「チーム」の仕組みに関して話したいと思います。

●メリット

・情報共有が素早くできる

・情報の拡散を防げる

・密度の高い練習ができる

・様々なタイプのプレイヤーがいる

・チームメイトが勝つと嬉しい

●デメリット

・チーム外の人と本格的に練習できない

・いつも同じ相手だから新しい発見が少ない

・モチベーションの差

まず、メリットに関して。

カードゲームは情報戦です!特にデッキに関する情報は非常に大切なものです。

わかりやすいように次のように例を挙げてみます。

現環境で使用者がいなく全く対策されていない最強のデッキを開発したとします。

練習も兼ねてそのデッキをジムバトルで使用してしまうと多くの人の目に留まりますね。

そうなってしまうと、沢山の人がそのデッキを意識してデッキ構築をすることになり環境最強だったデッキではなくなってしまうわけです。

以上の内容はデッキコンセプト的な話ですが、そのデッキのカードごとの採用枚数を知っているかどうかで対戦相手のプレイングも大幅に変わってきます。

そのため信用できるメンバーの集まった「チーム」で練習する必要があり、一緒に同じデッキの研究を進める上での練習内容はより濃いものになると思います。

同じポケカプレイヤーにも様々なタイプの人がいます。

デッキを作るのが上手い人

アーキタイプを回すのが上手い人

圧倒的統率者であるリーダースリメのような人

雑用係など‥

それぞれ得意不得意とすることがあり、長年一緒に練習をしてるいとそれをいい感じに埋め合わせることができます。(桃屋は結成からまだ2年も経ってませんが)

僕はひねくれたプレイングや構築が得意ですが、逆に当たり前のことができないので他のメンバーのプレイングを見て

「参考になるなぁ〜」

と思わされることはよくあります。

このようにプレイングに関しても1人で考えるより、みんなで考えた方が多くの選択肢を考えることができます。

チームメイトとは1回の大会に向けて、いくつもデッキを作り挑戦して練習し挑むわけです。

お互いに苦労をよくわかってるわけで、そんなチームメイトが大会でいい結果を残せたら自分のことのように嬉しいです。

** 僕は自分が勝った時よりも嬉しいかもしれないです笑**

続いてデメリットに関して

言うまでもなく「大会で勝つ」ためにみんなでデッキを作って、練習をしています。

チーム外の人に独断でむやみに教えられないこともたくさんあるので、誰とでも普通に練習できるってわけではないのが最大のデメリットです。

大幅に活動範囲が狭くなってしまうかもしれないですね(桃屋の他のメンバーは全員県外にいるため、大会前の僕は1人でずっと1人回しをしています)

さらに、いつも同じメンバーで練習しているので全く新しい発見がないという時期もあります。

そんな時は、積極的に大会に参加したり新メンバーの勧誘を検討しています。

そして最後に、「モチベーションの差」についてですがこれが1番チームを組む上で重要です。

一緒に練習しているうちに、目指しているところが変わってることもありその場合同じ「チーム」には居られなくなってしまうことがあります。

特に結成して間もない「チーム」によくあることなのかと思います。

逆に全く面識がなかったメンバー同士でも、同じ方向に向かって進んでいくうちに仲良くなっていることなんてこともありますね。

(なんで都会の見知らぬオタクどもと同じホテルで寝てるんだろう)

って思うことがたまにありますね笑

他のメンバーも田舎のヤンキーの実家で2018年最後を過ごすとは夢にも思わなかったでしょう笑

さらにここからは「チーム桃屋」限定のデメリットなのですが、プレイングの共有が難しいということがあります。

それは

桃屋の場合デッキビルダーは僕

ということに問題があります。

デッキが生まれるのがだいたい徳島です。

僕とmana君以外は全員本州に住んでおり、プレイングをその場で一緒に考えることのできる人は限られてます。

いちいち全員を徳島に集めるわけにもいかないです。

スカイプを使っても限界があるわけで、なかなか細部までプレイングを共有できないわけです。

全国に人が散らばり過ぎているかつ、僕の言語化能力の低さによる桃屋特有のデメリットですね。

このように「チーム」を結成するにあたってのメリットやデメリットが沢山あります。

「チーム」に所属することでより実力を発揮できるプレイヤーもいれば、

チームに所属しない方が実力を発揮できるプレイヤーも居ます。

それは人それぞれです。

チームに所属しなければ強くなれないというわけではないので、自分に合ったやり方を見つけてみましょう。

今回の内容に関しては以上となります、あくまでも僕の主観的な考え方ですが少しでも参考になれば幸いです。

最後まで目を通してくださりありがとうございました、好きだ‥。

----

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30

チーム桃屋

ポケモンカードチーム"桃屋"の公式ブログです。 ※お店の桃屋のブログではありません
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。