なんでルガゾロ?新潟大会の桃屋

サーニーゴです。
頭悪いのがバレちゃうので、本当はブログなんて書きたくなかったんですよ。で、でもリーダーがどうしても書けっていうから‥。

というわけでCL新潟前の話を書きたいと思います。

2週間前 デッキ検討スタート

僕はシティリーグはエクストラで参加してました、日程的に参加できる日が限られてたので。
当時スタンで意識していたデッキが2種類
・サンダージラーチ
・ズガドーン

両デッキとも安定感が高く使用者が多いんじゃないかという予想です。

それを踏まえてサンダーに有利そうなジュナイパーからデッキ検討をスタート、ズガドーンにも5割ぐらいの認識でした。

6日前
片っ端からジュナイパーを色んなデッキに当ててほぼジュナイパーを使うことは確定だったので、練習用デッキとして基本エネ軸のサンダージラーチを作ってみたところ思ったより勝てませんでした。(何枚かメタカード積んで3:7ぐらい)
それまで流行ってたサンダーより相手に依存せず打点を出せるのが魅力で、HP240のジュナイパーも意外にあっさり突破できるようでした。

あとズガドーンのマーシャドー(やぶれかぶれ)の採用率が上がる気がしたため、ロコンの道しるべが通りにくくジュナイパーが怪しい印象に。
その時点での候補が
・ジュナイパー
・レックウザ
・基本エネ軸サンダー

サンダーを意識して高耐久gxのデッキを使いたい人も多いと考えレックウザ、ミラーが不安だったけど安定感が高く広く勝てそうなサンダース入りのサンダーを候補に追加。
レックウザはでんでんが調整してて、プレイングもそれなりに理解してたつもりなので放置でジュナイパーもそこそこ触ったのでサンダースの調整をすることにしました。
あとレックウザはズガドーンが怪しそうで使いたくなかったんですよね。

この時点で自分の認識が
・サンダーが中心
・ズガドーンはマーシャドーorベトンが入ってる
・ジュナイパーが増える
・攻めるなら高火力のレックウザ
・使うならサンダース入りサンダーが安定

2日前 新潟へ移動
まほうじんさんと合流する、僕は彼が何を使うか全く知らなかった(関東組とは毎日連絡を取ってた)

その時初めて彼がルガゾロを使うことを知りました。たくさん練習したし、ボール大量に入れて安定上げることにより2負、TOP32を狙うという作戦だそうです。去年はベスト8以上を1回は取らないと世界大会の権利を取るのは厳しそうだったんですが、今年は安定して上位にいれば行けそうなので。

それでもルガゾロは微妙な気がしてたのですが、新潟着いてから練習してサンダースにちゃんと勝てるデッキだったので僕の使いたいデッキがなくなりました。

ジュナイパーorレックウザ

という感じになってしまったのですが、ジュナイパーもサンダースに勝てなさそうだったし、レックウザもクワガノン型だったのでズガドーンのマーシャドーの影響が大きそうでした。

前日
まほうじんさんが寝ている間にジラーチカラマネロを作成、試しに回してましたがサンダーにお札避けられてポケモンを倒される、ジュナイパーがキツイなどの理由ですぐに諦め、サンダースにちゃんと勝てそうなスーパーボール大量ルガゾロに乗り換えることに。
ゾロアークが登場してからずっと環境には残ってて、練習相手として使うことが多かったのでプレイングは多分大丈夫という認識でした。
レギュ落ちしてからはゼブライカ入りのデッキをたくさん検討したのも大きかったと思います。

当時のデッキはここから
クチナシ
ぼんぐり職人
手帳
マーシャドー

の4枚が
スーパーボール
ククイ
グズマ
ジャッジマン

だった気がします。

デッキ作成者はグズマ3にこだわってたらしいのですが、僕は選択肢の少ないデッキが嫌いなのですぐグズマを減らして手帳に変えました。

サンダー戦でかなり押されてる時にマーシャドーが欲しい時がよくあって、いちお安定感も上がるということでマーシャドーとスーパーボールを交換

前日練習は
どらんご
まほうじん
リーダースリメ
でんでん

以上の5人でやってました。

どらんごはジュナイパー、ズガドーン、ルガゾロで悩んでてとりあえずジュナイパーを辞めるように推し。
リーダーはシニアでプレイングが真っ直ぐだから練習でたくさん回してるサンダーを勧めました。
でんでんにもいちおルガゾロを推したんですがプレイングヤバイらしいので、結局レックウザに落ち着きました。

17時ぐらいにクチナシでベトベターが出せるみたいな話になって、マニューラも入ってたため2枚目のタンカと悩んでた枠にクチナシを突っ込みました。
手帳を増やしたから多分ジャッジマン減らしたと思います。

その後18時ぐらい、ククイ2枚もいるのかどうかという疑念が生まれ、安定感を上げたくなったのでククイ博士を解雇しぼんぐり職人を追加。ピンサポが増えすぎたのでテテフ3枚目を入れるか悩んでたところで時間切れ。
本番ではぼんぐり職人が強い場面が多かったですがククイ博士が強かった試合は2回ぐらいで変更したことで、落とした試合がなかったから良かったかなぁと思います。

あと悩んだのは、イワンコ。HP70は確定として2種類あるうちのどっちにするかで少し悩みました。
打点が高いからコイン投げて50出せる方という意見が多かったんですが、
「いや、コイツでどれぐらいCSP取ったか思い出してくれ。ダメージより絆だろ?」
とかいう意味不明な理由で押し切ってサトシのイワンコにしました。
ただ環境的に60も70も変わらないから選択肢に60を入れても良かったかもしれないと後に思ったけど、マッシブーンに当たったから70で良かった。

翌日のズガドーン戦でルガルガンに触れなかった時、仕方なくイワンコで岩落としを使ったんですがその20でククイ博士使わずにジャッジマンを使えて試合を有利な展開に持っていけたので、結果論だけどサトシのイワンコで良かったと思います笑
桃屋にはカードと会話する変人がいますが、僕も少しだけイワンコの声が聞こえたかもしれないです笑

前日夜の自分の認識 ルガゾロ後攻で

サンダース 6割
ジュナイパー 6割
ズガドーン 4割
UBサンダー 3割
ミラー4割

みたいな感じだったはずです。ズガドーンが怪しいのが不安でしたが、関東組曰くサンダーに有利ではないらしいので減るということで妥協したはずです。

以上が自分のデッキ選択の経緯です。

今回は自分のことに手がいっぱいで、チーム内で把握しきれてないこともたくさんありました。
JCS2018が終わってから一時解体してcl2019東京大会を迎えた桃屋でしたが、東京大会は関東勢全員が脳死でセンダイさんのデッキをパクって製作者以外途中ドロップするという悲しい結果で終わってしまいました。
その流れでシティリーグが始まって僕だけエクストラに行ってしまい、色々把握できずじまいでヤベーなと思ってましたがみんなそれぞれ自分の考えを持ってシティリーグ、新潟大会に臨めたようで今大会結果が出なかったメンバーも成長しているなと感じました。

昨シーズンは僕が干渉し過ぎたせいで失敗した大会(京都大会オンバーン)、逆に放置してたら悲しい結果に終わった大会(スリメグソクゾロ1-3、まほうじんデッキ忘れたからジュナイパー)、またその逆でちゃんと結果出してる人も居たので難しいところですね。

次のclは2月の千葉大会は、一生ネタにされてるリーダーが1-3した公認大会です。その無念を晴らせるように桃屋一同頑張りたいと思います。

本当に今回はみんなのおかげで救われました、ありがとう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

チーム桃屋

ポケモンカードチーム"桃屋"の公式ブログです。 ※お店の桃屋のブログではありません
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。