1.憧れの生活をしている人に出会う

きっかけ

今から5年前。当時の私は28歳で仕事に夢中。
朝昼晩と3食外食。ほぼ毎日終電で帰るような生活をしていた。

 そんな時、facebookから同じIT系の会社で働くデザイナーの投稿が目に飛び込んで来た。

それは、美しい器に盛られた美味しそうな料理や、毎日のお弁当の写真だった。私はそれに衝撃を受けた。

同じような業種の同じような職種で、忙しい生活をおくっているであろうその人が、なんと丁寧な暮らしをしていることか!

私とは正反対だった。

しかも、時折現れる二人分の食卓の写真。恋人がいるのだろう。センスがいいのは器だけではなく、庭での家庭菜園の様子や、おしゃれな家具まで。二人の幸せそうな日常が想像できた。

「う、うらやましい。こんな風になりたい!」

私はこの時、猛烈にその人とその人の暮らしに憧れを抱いたのを覚えている。

「結婚して、あんな風な暮らしがしたい!」

28歳の冬。私は突然、人生の目標ができてしまった。


一人暮らしをしよう

28歳になるまで、私は実家暮らしだった。

会社と家の往復だけで、休日も外出が多かったので、自分の部屋は中学校の時に買ってもらった家具を使い続けていて、特別おしゃれなものではなかった。

憧れのあの人の生活に近づくため、まずは一人暮らしをしよう。

そう決めるまで、時間はかからなかった。すぐに会社のそばの物件を探し始めた。当時私が勤めていた会社は、指定のエリアに住めば5万円の住宅補助が毎月貰えることになっていたので家賃の予算は8万円+5万円=13万円に設定した。

オフィスは六本木ヒルズだったので、六本木、麻布十番、西麻布あたりで物件をさがすため不動産会社を訪れた。

条件に合った部屋を全て巡ったが、ピンとくるものが一つもない。はじめての一人暮らし、妥協はしたくなかった。

内見が終わり、事務所に戻った時に「生活しやすいかどうかはわかりませんが、カフェっぽいこういう物件がちょうど空いたので見てみますか?」そういわれて見せられたのが、この家だった。

築45年以上のマンションをリノベーションしたという物件。当時私はリノベーションという言葉すら知らなかった。

30平米のワンルーム。その1/4を占めるほどの大きなキッチンに、むき出しのダクト。レンジフードや吊り戸棚。幅広の杉板のフローリング。何から何まで、理想の部屋だと思った。

この家の家賃は14万5000円と予算オーバーなことが唯一の問題点。しかし、毎月1万5000円払ってでもこんな素敵な部屋で生活ができるんだったら問題ない!そう思ってこの家で一人暮らしをスタートすることを決めた。

ワクワクが止まらなかった。

これは投資だ

初めての一人暮らしなので、買わなければいけない家具、家電、雑貨はとにかくたくさんあった。大学生の初めての一人暮らしだったら、できるだけ安く、生きていけたら良いという感覚で色々なものを買い揃えていたと思うのだが、すでに社会人4年目。

貯金も少しはあるので、こだわっていいものを揃えよう。そう思った。一人暮らしのその先に、結婚も考えていたため、「自分が100%良いと思える家を作り、そこに共感してくれる男性とだったら結婚してもうまくいくはず!これは未来への投資なんだ」そんな勢いで、当時の貯金(たぶん250万円くらい)を全額つぎ込んで理想の部屋を作った。

まっさきに買い揃えたのは、数種類のスパイス。料理もほとんどやったことがないのに、今思えば、当時の私の行動は、結構ロックだなと思う。

結婚したとして、その後の結婚式の費用とか、そういうことは全く考えていなかった笑 目の前のことに全力投球すれば、その後のことはなんとかなる。ここで妥協したら、その先もそれなりの人生にしかならないような、そんな気がした。(ZOZOの前澤さんもそんなことを言ってました

自分のお城を作るのは本当に楽しかった。今まで、外食にばかりお金をつかっていたが、自分の暮らしを豊かにするために、こんなお金の使い方もあるのかぁと思いながら、好きなものに囲まれた暮らしを楽しんだ。

器を買い揃えたり

庭にハーブガーデンをつくってみたり

自家製調味料をつくってみたり

全て見よう見まねだったけれど、新しいことを始めるのは、とても楽しかった。


今までの恋愛

こんな暮らしをしはじめてすぐ、あたらめて過去の恋愛を振り返っていた。

18歳から24歳まで6年間付き合った人と別れて以降、音楽をやっているような芸術肌の人に憧れて付き合うことが多かったが、そういう人は、自分の世界をもっているため、なんでも一緒にやりたい!という私とはリズムが合わないことが多かった。

そして、1年ほど付き合ったのち結婚について話すと、「あと10年はないかな〜」「今は考えていないな〜」という返事がかえってくることが多く、そう言われると、結婚をしたい私は、付き合うモチベーションが下がってしまって、「ありゃ!まただめだ!」とお別れ。なかなか長続きする恋愛ができなかった。

28歳。次に付き合う人とは結婚したいなぁ。そう思っていた。

当時、私が働くIT業界では、恋人を探すマッチングサービスが流行りはじめ、アプリのデザインをする仕事をしていた私は、「デザインの研究〜」と言いながら、色々なマッチングアプリを趣味的に使っていた。

そんな中、飛び抜けて使い勝手が良い、痒いところに手が届くようなアプリに出会った。それが「Pairs ペアーズ 」だった。

Pairsについて

Pairsのすごいところを勝手に紹介したいとおもう。

(1)検索機能がすごい!

年齢、居住地、身長、職業など基本的なステータスから、結婚への意思、お酒、タバコといった項目まで、細かく検索項目を設定して、物件探しと同じような要領で、理想の相手を絞り込める。

(2)コミュニティ機能がすごい!
Pairsには、たくさんのコミュニティがあり、例えば「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」や「趣味はカフェ巡り」「お米は固いのが好き」などの、自分の趣味や、好きなものをアピール機能がある。このおかげで、相手が、自分と似たような価値観を持つ相手かどうかが、ひと目でわかるのだ。

「このアプリで、結婚相手をみつけよう!」私はそう思って作戦を立てた。


自己ブランディングを始める

一人暮らしを始める前の私のSNSのフィードは、外食で食べた焼肉の写真、休日みんなで遊びに行った写真などいわゆる「リア充感」が伺えて、「丁寧な暮らし」とは程遠い人格が見て取れる投稿に溢れていた。

私が憧れる結婚生活は、台所に一緒に立って料理を作ったり、家事をしたり、家具をこだわって選んだり、庭仕事をしたり、そんな暮らしを夫婦で一緒に楽しむことだった。

ただ、そんな暮らしをのぞむ男性は、同じように丁寧な暮らしをしている女性を好むはず。Pairsで出会った人が、私のFacebookやInstagramを見たときに、「あ、こういう事が好きな子なんだ」と思ってもらえるよう、私は飲み会の写真を投稿するのをやめて、クックパッドを見ながら必死に作った料理やお弁当の写真、こだわりのインテリアの写真をSNSに投稿し続けた。

今までの私をよく知る友人や同僚たちからは「突然どうしちゃったの?笑」と驚かれたり、ふざけてバカにされたりもしたけれど、私はやめずに続けた。周りにどう思われようと、私は私の幸せを手に入れるために自分を信じて行動するのみ!

実際、このような暮らしを今まで全くやってこなかっただけで、無理をしているわけではなく、こんなことをしている自分が、憧れのあの人に近づいているようで、本当に楽しかったのだ。

準備は整った!あとは理想の相手を探すのみ!!!私は、万全の準備でPairsに望んだのです。


次は、ゴウキさんとの出会い編です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、夫婦でお揃いの服を買うために、使わせていただきます^^

嬉しい!ありがとう!
19

井上桃子

第二章:二人のこと 〜出会いから結婚までの物語〜

ペアーズ がきっかけで結婚しました!そう言うと驚かれますが、私たち夫婦にとっては、それは必然でした。と、いっても何事もなくすんなり付き合って、結婚したわけではありません。右葉曲折、めちゃくちゃなドラマがありましたw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。