見出し画像

二度目の春

感嘆の声を上げ、息をのみました。
ここに来るまでに何度も見てきたはずなのに、圧倒される致景でした。闇のなか、強めの明かりに照らされた桜が、真っ白に視界を埋め尽くしました。

京都の春がこんなにも綺麗だとは。

休みが合わない友人と、なんとかやりくりして行った京都でした。社会人になって一年が経ち、繁忙期と呼ばれる季節を経験した僕らは、身も心もヘトヘトの状態だったのです。

前日に友人からメールが来て、休みが合うことがわかり慌てて決めた旅程。準備らしいこともせず新幹線に乗り、着いたのは、桜の季節ただなかの京都でした。

夕食もそこそこに、夜桜を見たくて、八坂神社のとなりの公園に出かけました。大学の多い京都だからか、ちょうど新入生歓迎のシーズンで、あちこちで若者の宴会の輪があり賑やかでした。

僕らは、社会人になって二度目の春を迎えていたのです。心地よい喧噪を聞きながら、きらめくような白い桜をずっと眺めていました。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

照れますね!
2

もつにこみ

神奈川県川崎市生まれ。大学卒。引越し屋さんから転職し公務員に。東京都稲城市で暮らしています。家族は妻と娘。趣味はキッシュを焼くこと。好きなものは野菜とモンブラン。

旅にもつ

旅する日本語2019のために書いたエッセイたち。テーマの言葉をひとつひとつ"お題"として書いています。旅に関係ない話もありますが、ぜひ読んでみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。