待望の広島支社開設!「開設感謝PARTY」に行ってきました。

こんにちは。広報の石田です。

先日、マネーフォワードは待望の広島支社を開設しました!

広島は、原爆ドーム、厳島神社などの世界遺産をはじめ、牡蠣やお好み焼きなどグルメも有名で、昔からものづくりが盛んな活気あふれる都市です。

これまで中国地方は、東京本社事業推進本部の矢尾板が約3年半、東京ー中国地方間を通い続け、多くのお客様に『マネーフォワード クラウドシリーズ』を提供してきました。しかし今年の2月に、「広島を元気にしたい」という熱い想いを持つ岡本(現 広島支社長)が入社したことをきっかけに、ついに広島支社を立ち上げることになりました。
(広島支社ができるまでのストーリーは「好きじゃけぇ、広島。〜広島支社ができるまで〜」をご覧ください)

そして6月12日に、会計事務所様向け広島支社「開設感謝PARTY」が開催されたため、私たち広報も参加してきました!

「開設感謝PARTY」の会場は、広島市で有名なステーキ屋「Ajikura」さん。
会場に到着すると、事業推進本部のメンバーで、お客様にお渡しするお土産を楽しそうに詰めていました。

(写真左から事業推進本部の宮村、岡本、張本)

「開設感謝PARTY」は、17時半に代表取締役社長である辻の挨拶でスタート。
マネーフォワードのこれまでの歩みと、広島支社開設にあたってのご挨拶をお話させていただきました。

広島支社長を務める岡本からは、中国地方におけるこれまでの取り組みや広島支社の今後のビジョンについて、お話しました。

「子供たちが将来、広島を出なければ生活ができないという時代にならぬよう、『マネーフォワード クラウドシリーズ』の提供を通じて、広島の生産性を上げ、活気づけていきたい。

会場内にいる全員の心にぐっと刺さる言葉でした。

PARTYでは、おいしいご飯、お酒とともに、会計事務所の皆さん同士で名刺交換をし、交流を楽しまれている様子でした!

つづいて余興では、マネーフォワードにかかわるクイズ大会
A~Fの6グループに分かれ、私たちもグループに入り、お客様と一緒に答えを考えました。

クイズ問題の中で一番驚いたのが、矢尾板の中国地方への出張回数

その数なんと、、『125回』!!
(東京ー広島間は新幹線で片道4時間かかります)
お客様たちも驚きの表情でした。

そしてクイズ大会の最後は、広島支社長 岡本vs事業推進本部 秋保(広島県出身)の腕立て伏せ対決!会場内のお客様に、どちらが勝利するか予想してもらいました。

岡本は、爽やかスポーツマンで、ポロシャツを着ると「体育の先生」のような外見。
一方、秋保は、日頃から筋トレが趣味だそうで、「太い腕」がチャームポイントです。

(秋保が勝つと予想するみなさん)

ふたりとも顎を床に付ける本気の腕立て伏せで、熱い戦いを披露しました!

結果は...   

秋保の勝利!!

秋保「この日のために練習した甲斐がありました」と喜びの声。

岡本は悔しい表情をしていましたが、最後は抱き合う、仲良しな二人。熱い(笑)。お疲れ様でした!

クイズ大会の結果は、最終的にB,Cチームが同点で勝利し、マネーフォワードロゴ入りワイヤレスチャージャーともみじ饅頭を、賞品として贈呈。

最後に集合写真を撮影。
お客様の温かい笑顔。マネーフォワードは沢山のお客様に支えられ、愛されているんだなということを改めて実感しました。

今後もマネーフォワードは、『マネーフォワード クラウドシリーズ』の提供等を通じて、中国地方の生産性を上げ、中国地方の地域経済の発展に貢献してまいります。

<おまけ>
今回お客様へのお土産として、マネーフォワードロゴ入りのもみじ饅頭、マグカップ、ステッカーをお渡ししました。
もみじ饅頭は、岡本が自宅で子供たちと一緒に焼印を押し、岡本家の愛が詰まった一品でした!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

【中吉】どんなときも淡々と。ただただ積み立てるべし。
14

マネーフォワード公式note

「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をミッションに掲げる株式会社マネーフォワードの公式note。日々の出来事、働くメンバーによる発信、サービスに対する想い、将来のビジョンなどを発信しています。https://corp.moneyforward.com/

マネーフォワードの日々

総会やEXPOなど全社規模のイベント、部活動やランチなどの社内の様子、各拠点の出来事などをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。