モノクローマー2018年春号(3月~5月更新)

12
ノート

モノクローマー2018春号【目次】

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。今回の春号は、3~5月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。
各単品よりお得な価格に設定していますので、マガジンをどうぞ!

創作作品

◆2018春号表紙イラスト 全体【メイキングGIF入り】
◆透明水彩ざっくりメイキング
◆SUPER COMIC CITY27 お品書き
◆【短編小説】タコとともだち
◆ヴィクタール家のメイドさんー来客編

もっとみる

ヴィクタール家のメイドさんー来客編ー

以前からちょくちょく出しているメイドさんシリーズの小ネタです。

年の差のカップル未満の関係が好き。

網トーンを削ったときのキラキラした感じも最高に好きで、削ってしまいます。

続きです。

もっとみる

【短編小説】タコとともだち

ー大学生活を満喫している俺の家には、宇宙からやってきたタコがいるー

「宇宙人て何食べるの」

「自分で調達できますゆえ、お気になさらず」

 そう言って、タコ型の宇宙人は触手の一本をゆるりとくねらせた。その触手の先には、つやつやした赤いシールのようなものが巻かれている。こいつは真っ白だが、ゆでたら赤くなるのだろうか……。

「ずっと思ってたんだけど、おまえ、変な喋り方するね」

もっとみる

pixivFANBOXを使ってみた話

白峰です。

タイトル通り、pixivFANBOXを使ってみました。

めちゃくちゃ簡単に説明すると、絵描きで知らない方はいないであろうSNSサイト「Pixiv」の、note版といった感じです。

これまでは(おそらく運営からお声がかかる)選ばれし者だけが使えたpixivFANBOXですが、4月末から一般向けにも解放されました。

こんな雰囲気です。

▼白峰のpixivFANBOX▼

支援金は

もっとみる

最近しているチークの使い方

ズボラ&保守的な部分があるせいで、一度これと決めたやり方があると、なかなか変えられません。通勤や通学のために決めたルートも変えられなくて、近道を探したりするのが苦手なタイプです。

というわけで、メイクもそうそうやり方やアイテムを乗り換えられず、大抵「いつもと同じ」に収まってしまいがちです。

なんですけど、最近ちょっと上手い使い方をしてる(自画自賛)ので、紹介しようと思います。

1.2ステップ

もっとみる

SUPER COMIC CITY27 お品書き

5/3の「SUPER COMIC CITY27」に出展します。

スペースは、「西2ホールY57ab」になります。お誕生日席なので、見つけやすいかと思いますので、是非お立ち寄りくださいね。

*新刊情報

①フルカラーイラスト集「アリスの肖像」

「アリス」をテーマにした、イラスト集です。表紙はこちら!

表紙の青色が印象的なアリスの他、不思議の国を思わせる色んなタイプのアリスがいます。

デジタ

もっとみる

「今度はあなたが、」

めちゃくちゃ遅くに始めた就活で、内定欲しさに口にした志望動機が、「化粧品販売をしたい」だった。

面倒だからという理由で流水洗顔しかしていなかった私が。日焼け止めも塗らずにすっぴんで自転車を乗り回していた私が。ファンデーションの色の選び方がわからなくてとりあえず一番暗い色を使っていた私が。

4月、化粧品専門店に配属されたとき、とりあえず波風立てないように「化粧品好きです」とのたまう新入社員が、別

もっとみる

着物にまつわる、ちょっといい話。

「着物警察」なんて単語がネットを飛び交って、しばらく経つ。

年配の方がみんな、着物を着ている若い人に物申したいように捉えられた話も聞いた。

誰かからの心無い言葉や、冷徹な態度は、印象に残りやすい。ネットでもそういうものが拡散されやすい。

だからちょっと、着物にまつわる嬉しかった話、ここでさせてください。

着物警察なんて、一部だけだよ。優しい年配の着物好きな方は、いっぱいいるよ。

先日、地

もっとみる

【美容豆知識】化粧品の使用期限

新生活を始めるために、断捨離や整理整頓に精を出す人も多いかと思います。

引っ越し先に持って行くものを考えて、荷物を厳選する方もいますよね。

冷蔵庫の中や、非常用バッグの中も定期的に見直しましょう、というのはよく言われますが、手持ちの化粧品の見直しってしたことありますか?

この色のシャドウはあんまり使わないとか、この美容液買ったけど好きじゃなかったな……、という見直しも大事なんですけど、

もっとみる

透明水彩ざっくりメイキング

思い立ったので作業工程を残しておきます。

本当に急に思い立ったので、画像があまりありません…すみません。

マスキングとか使うので、ある程度水彩絵具を触ったことがある方向きです。

また、スキャン後の補正についても少し触れています。

今回はこちらの作品。

いつもはがつんとホワイトを飛ばすのですが、今回はホワイトなしで仕上げました。

それではどうぞ。

もっとみる