唇のケアにはどっち? リップVSワセリン

「先輩、唇キレイですよね」

後輩に褒められたことがある。純粋に嬉しかったので、ありがとうと返しておいた。

「リップマスクとかしてるんですか? それとも、変わったリップクリーム使ってるとか?」

「いや、黒河さんのことだから、大したことはしてないでしょ」

私の性質によく通じた後輩が、茶々を入れた。最初に質問してくれた後輩の方がたしなめるように彼女をにらみつけたけど、私は笑った。

「ご名答。そんな大したことはしてないよ」

興味津々な後輩たちに、私は500円で大容量のチューブを見せた。

「ワセリン塗ってるだけ」


1.唇は内膜

唇は口腔内の内膜が外向きにべろりとひっくり返ってる状態だと言われている。

腕や足の皮膚と違って、むき出しの肉まで薄皮一枚みたいな状態らしい。

そりゃあ、リップを塗っても塗ってもはがれるし、すぐにカサカサにもなるだろう。

秋冬用の保湿商材で最初に動き始めるのは、リップクリーム。ハンドクリームやボディクリームよりも先に、売れ行きが良くなりだす。まあ、夏場も使ってる人は多いんだけど。

基本的に、リップクリームはこまめに塗るのが重要。

さっきも言ったように、腕や足の皮膚と違ってもっと繊細でバリアが少ない箇所なので、そもそもリップの油分やバリアをそこに留めておく力も弱い。

加えて、リップクリームは基本的にやわらかくできている。

唇はちょっとしたことでめちゃくちゃ動く。その動きについていくために、リップクリームの保湿剤は柔軟さを求められる。大口開けて笑ってマシンガントークして大忙しの唇に、しっかりついていけるように。フォローの得意なサポート役みたいに。

そういうわけで、リップクリームはちょっとした条件ではがれてしまう。

パートナーとキスしても、飲み食いしても、おしゃべりに興じてるだけでも、ちょっと顔を洗ったり口をゆすぐだけでも!

まあでも、繊細で柔らかい内膜と地続きになっている唇に、ガチガチに固まるリップがこびりついても困るし、柔らかい方がありがたい。持ちがいいに越したことはないけど。


2.傷ができてしまった場所に化粧品はよくない

この続きをみるには

この続き:1,783文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。 今回の春号は、9~11月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。

または、記事単体で購入する

唇のケアにはどっち? リップVSワセリン

モノクローマー◇充電中

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!とても励みになります!! こちらは、今後の制作や研究、出展に充てさせていただきます。

9

モノクローマー2018年秋号(9月~11月更新)

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。 今回の春号は、9~11月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。