見出し画像

最近しているチークの使い方

ズボラ&保守的な部分があるせいで、一度これと決めたやり方があると、なかなか変えられません。通勤や通学のために決めたルートも変えられなくて、近道を探したりするのが苦手なタイプです。

というわけで、メイクもそうそうやり方やアイテムを乗り換えられず、大抵「いつもと同じ」に収まってしまいがちです。

なんですけど、最近ちょっと上手い使い方をしてる(自画自賛)ので、紹介しようと思います。


1.2ステップで簡単血色感!顔全体にチークを入れる

いや何言ってんだ、チークは頬に入れるものだろ、と思われそうですが。

実は私、チーク嫌いだったんですよ。

「頬がほんのりピンクって何事? ラノベの可愛いヒロインじゃないんだから、私がそうなるのはちょっと……。っていうか、頬とか額とかすっぴんの状態で赤くなってる赤ら顔だから、わざわざ化粧してまで顔赤く塗りたくないんだよな~!」と思ってました。

特に赤ら顔なことは地味に気にしていたので、顔の一ヵ所だけ肌が赤いという状態が嫌でした。チーク塗ったら完全に嫌な顔になるじゃん~!

しかし、良い感じにチークが入ると顔色がよく見える。徹夜で支部漁った翌日も、原稿修羅場潜り抜けた朝も、ゾンビみたいな顔に生気が戻る。

嫌だけど仕方ないな……と思いながら、薄めにチークを入れることで嫌な気持ちを軽減させていたんですが、最近ようやく発見。

頬だけにチークを入れるから、浮くのでは?

顔全体にうっすらピンクをかければ、馴染んで目立たないのではないか?

木の葉を隠すなら森、みたいな(メイク技法としては)大雑把な感じですが、要は頬だけ赤いのが気になるんだから、試してみてもいいかなと思ったら、これが予想以上によかった!

①普段通り、ブラシでチークを頬に塗る。
②ブラシに残っているチークを、額や鼻先、あご先にふんわり入れる。

これで終わり!

②はブラシにチークを取り直してもいいんですけど、あんまり濃く塗りすぎると顔全体がピンクになって、「どうした? 暑いの?」みたいな顔になるので、加減が必要です。

これをやっておくと、「顔が局所的に赤い」という違和感が減るので、赤ら顔を気にしていたり、チークを入れるのが苦手という人にはオススメ。


2.リップ&チーク活用法

この続きをみるには

この続き:710文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。 今回の春号は、3~5月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。 各ノートより...

または、記事単体で購入する

最近しているチークの使い方

モノクローマー(イラスト漫画/小説コラム)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!とても励みになります!! こちらは、今後の制作や研究、出展に充てさせていただきます。

4

モノクローマー(イラスト漫画/小説コラム)

白峰( https://twitter.com/popdropop8 )黒河( https://twitter.com/chocolad0121 )の2名で創作活動しています。[イラストやコラム等のお仕事ご依頼はこちら]→ https://yokohachi8.com/req/

モノクローマー2018年春号(3月~5月更新)

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。 今回の春号は、3~5月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。 各ノートよりお得な価格に設定していますので、こちらのマガジンをどうぞ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。