鉄道趣味論

2
ノート

「みんな知ってる鉄道車両」の終焉

Nゲージ鉄道車両の少なかった頃、マックス(グリーンマックス)のプラキットは、その車種を出来はともかく(つまり作成する腕に左右される)増やすのに貢献してくれた。

 今、こういうのはどうだろうと考えた所で愕然とした。昔は「みんなが知ってるけど模型になっていない」車両があったけれど、今は好きな車両が年代で分散していて、かつ地方で分散している。
 旧型客車は(うるさく言わなければ)全国区だった。旧型国電

もっとみる

鈍行について

鈍行とは正式な列車種別ではない。普通列車(の一部)に対する「呼び名」「通称」である。

 本来の「急行」の対語は「緩行」であり(「緩急」という言葉がある)、これは東海道・山陽本線や常磐線、総武線などの(快速ではない)通勤電車に対して使われている。

 鈍行は通勤電車ではない。通勤に使われるかも知れないが、通勤用に作られた車両は鈍行のイメージとは違う。

 やっぱり電車ではなく客車である。オハ35あ

もっとみる