インターネットマネタイズのすゝめ①

アカデミックシリーズとして、数回に渡って好きなことをしてインターネットでもお金を稼ぐ方法の一つを解説しようと思います。
何か好きなことを仕事にしたいと思っている人は、
一つの参考資料にでもしてくれたら幸いです。


情熱を持ってやりたいことは何か?

まず大事なことは
『何があっても突き通したい程やりたいこと』
若しくは
『最後までやり抜く約束が出来る好きなもの』
これらを自分の中で明確にすること。

少なくとも、
「取り敢えず金稼ぎたい。」
「自信は無いけど取り敢えずやってみる。」
この心持ち状態ではまず上手くいかない。

何故ならば、シンプルに続かないから。

これから教えることは、継続力が大事になる。
何故なら、直接お客さんを持って、接していくことになるであろうから。

大事なのは続けられること。
途中で止めることを悪いとは言わないけど、
それがお客さんを裏切るような止め方だった場合、間違いなく信用を失う。

だからこそ、まず大事なのは
『何があっても突き通したい程やりたいこと』
若しくは
『最後までやり抜く約束が出来る好きなもの』

これらを自分の中で明確にすることなのだ。

僕は韓国人と友達になりたい、アイドルと友達になりたい。
コミュニケーションが出来なくて悔しい!
そんなところから韓国語を独学で学び、半年で習得した。


そして何と500人以上韓国人の友達が出来た。
(最近は女の子のダンサー友達がバーをオープンしたり、
女の子の友達が次々と日本にワーホリで来たり、
女の子の友達が結婚したり、
女の子の友達が芸能人になっちゃったりと、ニュースがいっぱいだ。
女の子の友達が多いのは御愛嬌なのだ。笑)


個人的に韓国テレビ局のプロデューサーやスタッフさんとも繋がってて、
その繋がりから密着取材を受けたり、テレビ出演オファーも複数来たりして、実際に出演経験もあった。

そして夢は日韓の架け橋。

そりゃもちろん韓国関係のことをインターネットでもやりたくて、
それを仕事にしたかったのだ。

簡単でも良いからターゲット層をイメージする

自分が情熱を持ってやりたいものが明確になったら、
その自分が生み出す価値を誰に届けるかをイメージする。

ここでは、ニーズを意識するのもすごく大事で、
僕の韓国語講座の場合は、
韓国ドラマやK-POPにハマってる人には主婦層〜おば様達が多く、
その人達には韓国語講座のニーズがあると思ったわけです。

そこで僕がイメージしたのは、30歳以降の主婦層女性だった。
驚くことに、実際に動き出して集客を始めた時に、
集まってきた人はまさしくターゲット通りの女性達だった。

自分が価値を届けたい人達が何を求めているのか探る

ターゲットって言ったら、まるで人として見てない風になっちゃうので、
『価値を届けたい人』とこれからは言いますが、
次のポイントは、その価値を届けたい人が何を望んでるか?何を求めてるか?

それを押さえましょうってことです。

僕の場合は、
①韓国語勉強したいけど、時間と余裕が無くて続かない。
→手軽に少ない自分の時間を使ってコツコツ勉強したい
②早く習得して話せるように、理解できるようになりたい。
(字幕なしでもドラマ理解出来る、憧れのアイドルと話せるなど)
→コツコツ勉強で2〜3年はしんどい。出来ることなら早くマスターしたい
③聞く人、話す人がいないから自分の実力を推し量れない。
(焦りばかりが積み重なる)
→独学はもちろん辛いし、語学学校は読み書き中心で話せるようにならない。
どんどん進んでいくからついていけなくなる。

他にもいっぱいあるけど色々分析したわけです。
そしたら次はそれをクリアするプロダクト・コンテンツを作れば良いとなるわけです。

この様に、まずは相手の求めてるものをイメージすることで、
相手が欲しいものを作ることに繋がります。

自分がやりたいことと、相手が求めてるものをイコールにする作業。
この入口を端折らないことが上手くいくポイントなわけです^^

仮で良いから仕組みや構想をカタチにする

先に述べた通り、次は実際にカタチにしてみる。

この段階では実際に商品を作るっていうよりも、
仕組みや構想を作るってことです。


例えば僕の場合だと、ニーズに対して、

①韓国語を一番早く習得させるための仕組みを作る
→実践型のコミュニケーション学習が日常会話レベルでは一番早い
(日本語をある程度習得する過程と全く同じ)
②毎日韓国語に触れる環境を作る
→オンラインサロン/単語帳レベルの完結なオンライン韓国語講座
③韓国語の実践環境と試しの場を作る、友達を作る
→オンラインサロン/日本語ができる韓国人を招待
などなど、

仕組みを構想してカタチにするのです。

僕の場合はその上で韓国人の友達に次々と協力依頼や支援依頼を
片っ端から行いました。
その中で出会いもあって本当に楽しかったですね(笑)

ーーーーーーーーーーーーー

さて、次回はまたこの先、

コンテンツとは何か?

どうやってコンテンツを作るのか?

どうやって人を集めたのか?

などなどをお話していきたいと思います。

それではまた次回♩

(この内容ってニーズあるのかな?笑)


〜フジモンの裏話〜
『オンラインサロンについて』

今でこそオンラインサロンって流行ってますが、
僕のいる業界では去年一昨年からそのカタチはあって、
それでもその魅力とか良さに気付いてる人は少なかった。

僕はその中でガッツリオンラインサロンは最高のモデルだ!
と思って動いたので、すぐに成果に繋がりました。
(カタチと仕組みとしては新しかったわけですから^^)

今ではオンラインサロンやコミュニティーに溢れてるので、
当時ほど目立つのは簡単じゃないですが、
本気で組み立てれば全然いけます。

何が潮流なのか?(勢いがあるのか)
ブルーオーシャンはどこに!?

その答えは目を向けられてないのはそうなんですが、
みんながめんどくさい、やりたくない、
そんな所に転がってたりもします。

ちなみに、自分が思いつくことは、他人も思いついてる。
そう考えると、逆になんで流行ってないか?
そのロジックややり方に問題があって頓挫している。
っていうことが往々にしてあります。

その穴をつくのか、はたまた避けるのか?

それはその人次第ってとこです。笑

ーーーーーーーーーーーーーー
P.S⑵

夢の箱でメディア2.0戦略会の
運営部隊が立ち上がり、
少しずつ進行しています。

ご参加はコチラから

【メディア2.0戦略会】支援者全員招待
https://polca.jp/projects/2PxPsHqApGQ

あぁポルカって一回立ち上げたら
編集出来ないのが辛いw
お金は支払い済で戦略会の運営費用を
集めております^^笑

韓国語勉強したい初心者の方へ、「フジモン出張します笑」
実践型韓国語講座“モンザップ”〜初心者編〜 https://monrich.official.ec/items/9583633

ふじもんへの質問はコチラ
(匿名性なのでご安心あれ)

https://peing.net/monrich_inc

(回答はTwitter)
https://mobile.twitter.com/monrich_inc

応援メッセージはコチラ(レターポット)
https://letterpot.otogimachi.jp/users/3129

ちなみにこの記事でのフジモンとは?
インターネットビジネスを始めて
2ヶ月目で約450人を個人メディアに集客し、
独自の半年韓国語講座をオンラインサロン形式で開講。
講座原価ゼロで月収20万円を達成。
その後は多くのプロモーションに携わり、
シナリオメイキング〜セールスまで領域を広げ、マーケターとして活動。
LINE@を使ったプロモーションを得意とする。
(いろんな顔のうちの一つです笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

夢の箱公式『夢のキャンパス』

好きとワクワクをカタチに Creator’s Community 『みんなが輝く夢の箱』公式マガジン 【夢のキャンパス】 みんなが輝く夢の箱主宰のフジモンを始め、 メンバーみんなの日常と感情を綴る。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。