見出し画像

京都をフランス語で学ぼう!

Bonjour(ボンジュール).
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).


 いつもツイッターやブログやInstagram、noteをご覧いただきありがとうございます。前回のnoteの記事から大分期間が空きましたが、良いアイデアが見つかりましたので第9弾の記事を発行致しました。今回の記事ではフランス語で京都の豆知識を全25つ説明してみました。フランス学習者の皆さんは、外国人に日本について質問された際に、わからなかったことがありませんでしょうか。私自身もフランスへ留学している時や今現在京都をガイドしている際に、フランス人のお客さんに聞かれる質問に対してわからないこともあるので日々勉強しております。フランス語学習者の皆さんのフランス語の向上、そして、日本文化への関心をさらに引くような記事になればと思いを込めて書きましたので、是非一読頂けると嬉しく思います。





〜目次〜

①花街 ②京野菜 ③初詣 ④絵馬 ⑤節分 ⑥おばんざい ⑦節分 ⑧旅館 ⑨花見 ⑩ おどり ⑪ゴールデンウェーク ⑫タクシー ⑬保津川下り ⑭七夕 ⑮祗園祭 ⑯お盆 ⑰鵜飼 ⑱町家 ⑲うなぎの寝床 ⑳時代祭 ㉑銭湯 ㉒ゆば ㉓紅葉 ㉔吉例顔見世興行 ㉕芸妓・舞妓




①花街とは

芸妓さんや舞妓さんのいる伝統文化の残る地区を「花街」と呼びます。現在、京都には5つの花街が存在しています。祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、そして、祇園東があります。これら5つの花街を、「五花街(ごかがい)」と呼びます。運が良ければ、芸妓さんや舞妓さんとすれちがうことがあるかもしれません。



Kagai - Les districts de Geiko et de Maiko

"Kagai" est le nom des districts où la culture traditionnelle des Geiko et Maiko demeure encore en vie. Il existe cinq Kagai à Kyoto: Gion Kobu, Miyagawacho, Pontocho, Kamishichiken et Gion Higashi. Ces cinq Kagai réunis sont appelés "Go-Kagai". Si vous êtes chanceux, vous pourrez peut-être rencontrer d'authentiques Geiko et Maiko dans les districts de Kagai.


この続きをみるには

この続き:13,342文字

京都をフランス語で学ぼう!

Monsieur A

108円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Monsieur A

Bonjour. C'est Monsieur A^^数年前に始めたツイッター、ブログで2000人のフォロワー達成を記念しnoteを始めました。フランス、ニュージーランド、アメリカ、フィリピンへの留学経験を通し、#フランス語 #英語 #通訳案内士 #京都 について書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。