・サークル『万華庵』結成の話/4
後に小説担当になる水月とはこの時が初対面だった。第一印象は真面目そう、イベントは書いている小説がある程度作れてから参加しているという会話をした記憶がある。
余談だがこの時、僕が作ったバックチャームを買ってくれた。今でもずっと水月は大切に使っている

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まだまだ分からない事だらけだけど…今までの、そしてこれからの活動費用として投資させて頂きます。 僕らの表現する世界がアナタに還元出来るように 日々邁進

(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)
2

燈月(とうげつ)

貴鏡燈月(きかがみとうげつ) 写真、小説、絵など表現を愛する社会人 自分の表現方法を模索中。 小説書きとコスプレイヤーの二人と活動。 仕事の都合もあり通知はオフにしているので、反応が遅れる場合あり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録