見出し画像

Honey Marry[第一話『あたしの弟はかわいい』試し読み]

血のつながらない姉弟+幼なじみの三角関係の行方は──?

「二十三時まわるよ。電車大丈夫?」
 ベッドに寝転がって無心にスマホをいじっていた彩季が、床でポッキーをつまみながら漫画を読んでいたあたしに、ふとそんな声をかけてくる。あたしは顔を上げて足元のスマホをたぐり寄せると、“22:54”という表示を確認した。ぱたん、と本をローテーブルに置くと、ぬるくなったペットボトルのお茶を飲む。彩季はスマホゲームから顔を上げない。
「時間経つの早いわー」
 冷房の風がまわる空中に何気なくつぶやくと、「何もしてないのにね」と彩季のクールな声が返ってくる。
「ほんとに何もしてないよ。一緒にいるだけで、いつもうちらって何もしないよ」
「何かしたいの?」
「いや、気楽でいい。あー、今日もこれから地元まで電車かあ。めんどいなあ」
「泊まるのは勝手だけど、ベッドはあたしのだから」
「帰りますよ、はいはい。ちょっと待って、地味にポッキー食い過ぎた」
「お徳用買うから食べすぎるんでしょ」
「安かったもんは仕方ない。ふう、駅まで歩いたら腹ごなしになるかな」
 そう言って深呼吸し、あたしは立ち上がる。読んでいた本を手に取ると、律儀に巻数が並べてある本棚に戻しておく。彩季もゲームをキリをつけて、ようやく顔を上げる。
 赤みがかった茶髪のボブ、気の強そうな吊り目、ざくざく言ってくる快活な口。鼻筋や顎の線はなめらかで綺麗だ。たまに告ってくる男の子はいるみたいだけど、彩季自身は、中学卒業を機に始まった遠恋をいまだに継続している。相手の男の子は現在も海外にいて、大学を卒業したら彩季を迎えにくると言っているらしい。なかなかの純愛だ。
「美希音さー、しょっちゅうあたしんとこから終電近いけど、誓くんに文句言われないの?」
 シーツの上であぐらをかく彩季に言われて、「チカの言うこと聞いてたらキリがないもん」とあたしはペットボトルを空にする。
「誓くんも不憫だなあ」
「何で?」
「不憫だなあ」
「だから何で?」
 彩季はそれ以上言わずに首を横に振り、ペットボトルの紅茶を飲む。何だよ、とあたしはむくれる。ちなみに誓というのはあたしの幼なじみで、大学生になった今でも実家が隣同士のせいで、つきあいが続いている男の子だ。
 ここは彩季がひとり暮らしする部屋だ。彩季はバイトと親の仕送りで、大学生になった今年の春からここに住んでいる。最寄り駅が大学と同じで、ついあたしは大学が終わるとここに立ち寄って、だらだらと過ごしてしまう。妙に揃った漫画、ネット環境、テレビゲームなど、あたしにとってはネカフェのような場所なのだ。おまけに近くに二十四時まで営業しているスーパーもある。コンビニでなくスーパーというのがお財布に優しい。当然あたしもひとり暮らしに憧れてくるのだけど、両親が寂しがるので結局実家暮らしをしている。
「気をつけて帰れよ。あんたも女子なんだから」
 五分くらいで荷物をまとめると、玄関まで彩季が見送ってくれる。「んー」と答えながら靴を履き、ノートやレポートが入ったトートバックを肩にかけなおす。
「じゃあ、また明日ね」
 出る前にそう言うと、彩季は手を振って、あたしは鍵を開けてドアを開いた。九月下旬になって、ようやく夜なら外に出た途端包みこんでくるようだった熱気が襲ってこなくなった。廊下に出ると白い電燈が灯る下を抜け、階段に出ると二階から一階に降りる。夜風がするりと頬を撫で、右肩でひとつにまとめているみつあみを揺らす。駅まで歩いて約二十分、終電は零時前だからそんなに焦って歩くことはないけど、夜道なので急いでおく。夜空に月が出ているのを見つけながら、あの子は今日も起きて待ってるのかなあ、と考える。
 終電近い電車は、酔ったサラリーマンと水商売のおねえさんでけっこう酒臭い。乗客は寝るか、もしくはスマホやタブレットをいじっている。あたしもSNSをチェックしながら、ときおり扉の上に表示されている次の駅を確認する。あたしはいつも各停に乗って帰る。快速に乗った方がもちろん早いけど、そしたら混んでいて座れないし、どのみち最寄り駅近くで各停に乗り換えなくてはならない。途中で別の線に乗り換えることもないので、遅くなってもこの路線に乗れば家には帰れるのは助かる。窓の向こうにちらちら残っていた光が少なくなって、ベッドタウンに入るとスマホの画面を落として、トートバッグからIC定期を取り出した。降りる駅は小さいのだけど、住宅地の真ん中にあるから、びっくりするほどの人数が降車する。それに混ざってホームと改札を抜けると、また夜道なので早足で十分ぐらい歩いて、やっと家に面した広い道路に出る。
「ただいまー」
 鍵をまわしてそう言いながらドアを開けると、大抵はおとうさんもおかあさんもまだ起きている。今日も「またこんな時間に」と顔を出したおかあさんにあきれられて、「無断外泊よりいいでしょ」とあたしはごまかして笑った。
「ミキちゃんが外泊するなんて、どうせチカくんとでしょ。だったら、夜道で襲われるより外泊の方がよっぽど安心──」
「いや、何でチカよ」
「違うの?」
「彩季と外泊するほうがまだあるわ」
「毎日彩季ちゃんのお部屋にお邪魔してて大丈夫?」
「無言でひたすら漫画読んだりしてるだけだよ。あ、ポッキー少し持ってるけどいる?」
「おつまみにする」
「おかあさんこそ、またおとうさんと飲んでるじゃん」
 言いながらお徳用ポッキーをトートバッグから取り出して、おかあさんに渡す。
「適度ならお酒はいいものなの。早く寝なさいね」
「シャワー浴びたらすぐ寝るー。眠たい」
 ぼやいてあくびをしながら、廊下の突き当たりの階段で二階に上がる。部屋に入ると電気をつけ、トートバッグをベッドにおろしてエアコンのドライをかける。スマホを充電につなぐとき、時刻を見ると零時をまわっていた。さっさと寝よ、と着替えのルームウェアを抱えて部屋を出ると、隣の部屋から人影が覗いていて笑ってしまう。
「ナオ。ただいま」
 あたしに声をかけられて人影の肩が揺れて、そうっと弟の尚里が姿を現す。もうパジャマだけど、きっといつものようにあたしの帰宅を待っていたのだろう。「おかえりなさい」と尚里はあたしの前に来ると、暗目でもぱっちり大きな瞳にあたしを映す。中学二年生にしてはまだ目覚ましく背が伸びていなくて、目線はあたしのほうが高い。

    ◆◆◆

続きはMediumに掲載しております。
気になった方は覗いてみてくださいませ。


月ノ羽衣

つきのは・ころも - 精神安定剤を手放せないヤク中物書き。LGBTQや虐待、イジメをテーマにした現代小説を多く書きます。noteに掲載するのは試し読みのみですので、気になった作品があればMediumにおいでませ。

Catalog of Koromo Tsukinoha

Mediumで公開している月ノ羽衣の小説をnoteで試し読み! 気になる作品があれば、ぜひMediumにいらっしゃいませ。 https://medium.com/@moonrobe
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。