へらじか

アメリカ駐在から帰任した、メーカー勤務の30代。グローバルに働き、家庭も大事にして、資産運用もする2020年の働き方ロールモデルを実践中。詳細プロフィールはブログにて → https://moose-fukui.com/profile/moose-profile

メーカーが考えるモノ売りからの脱却とTwitterスポンサー募集の試み

「所有の時代」から「利用の時代」へ。

お客さんが本当に欲しいのはドリルではなくて穴だという格言よろしく、産業界、特にメーカー界隈ではモノ売りからサービス売り、価値提供へのシフトが騒がれている。

日系メーカーである勤め先も多分に漏れず、特に先進国でのモノ売りからの脱脚をテーマにいろんな人が挑戦を試みている。

SaaS然り、Maas然り、価格付けはモノベースではなく価値ベースへと変わり、売り切り

もっとみる

英語を勉強する学生・社会人のべ236人の背中を押した話と2030年の普通の働き方、あるいはマイクロコミュニティの意味について考えたこと

2018年の暮れから2ヶ月間、英語学習をこころざす人たちの背中をそっと押してみました。

驚くほど英語力が伸びた人がいるとか、この取り組みのおかげで留学が決まったというエピソードがあればかっこいいのですが、現実にはたった2ヶ月の勉強でそんな奇跡は起きません。

ただ自分に、そして周りに、ちょっとした変化が起きはじめました。その変化と、どこにでもいる学生・社会人たちのほんの少しの努力の記録、そして考

もっとみる

年賀状不要論vsアメリカに届いた80代の友人からの年賀状

2015年~2018年夏まで、自分は海外駐在員としてアメリカに住んでいた。

渡米を機にこれ幸いと年賀状をやめたのに、日本からはるばるアメリカまで届いた1通の年賀状があった。
差出人は50以上も歳が離れた友人、Kさん。

近年の年賀状不要論には賛同しつつも、10数年来の年賀状でつながる不思議な友人関係についてしたためる。

1930年代生まれのKさんとの出会い 

Kさんとは10年以上前に当時の趣

もっとみる