見出し画像

Google I/O 2019旅行記3日目~I/O 初日~

こちらの続きです。いよいよI/O開幕。

Keynoteは10時からで、9時20分からpre-showというお楽しみが開始される予定。
シャトルバスが出ることは昨日で分かったので、7時半のシャトルに乗ることに。
6時に起きて6時半から朝ごはん。

圧倒的野菜不足!!
取ってないわけじゃないんです。バイキングに無いんです。。

ご飯を食べシャトルに乗車。
かなり大きい。

初日というのもあってか結構道が混雑していて時間は1時間以上かかりました。

現地到着

バスの駐車場から会場は遠くないのですが、荷物検査があるのでそれに向けて長蛇の列があります。
結構奥まで人が。

バッジピックアップ会場も見えます。
検査場が近くなると「バッグは開けておいてね!」とスタッフが説明しています。

入場と会場散策

いよいよ入ります!

I/Oモニュメントがお出迎え。
早速記念撮影している人もいます。

AR対応端末であれば、ioアプリでARを使うと、回りに紙吹雪が舞ったりします。
それで写真を撮ることも可能。

朝ごはんもありました。
みなさん結構早くから来ていて賑わっています。
コーヒーもあります。
普通のコーヒーにデカフェもありました。(カフェインには少し敏感なので助かった)

開店前のI/Oストア。
パーカーTシャツ帽子にフィギュアも。
開店は11時半でした。

Codelabs

中にはPCがいくつも置いてあって、Googlerに質問しながら課題を進めることができます。

怪我などしたらこちら

GoogleやGDGの人がいて話ができたり、左の方に卓球台もありました。
(Google I/Oまで来て卓球をするのか・・・と思ったけどやっている人はいましたw)

給水車。
色んな所にあって、ストックがあるコップか自分のボトルに水を入れることができます。
お昼のあとぐらいからは炭酸系の飲み物が出ますが、結構味がない水を飲みたいことはあったので何度も使いました。

そしてAmphitheater!
すでにたくさん人がいます。

Amphitheater

日本人DJが音楽で会場を賑わせていました!

コーヒーを持って準備万端。笑
前に飲み物を置くところもあります。

吊りカメラもあります。

結構回って映してくれるので、みんなテンション上がってます。笑

こういった文も紹介されたり。
そして・・・

Keynote

Sunder Pichai 登場

動画で見られるので細かく載せませんが、これだけ載せときます。
(問題のシーン笑)

お昼

お昼ご飯。
右にある5種類のランチボックスから一つ選べる。
種類のボードはTwitterで誰かが上げてくれていることもあるので、あればそこでも見られる。

食べる場所は自由です。
人が多いのでテーブル席はすぐに埋まってしまう。
私は近くの芝生でいただきました。
日陰もすぐに埋まりがち。

そして気になる中身

Spriteは近くで冷えてます。
私が選んだのはバーガー。
あとはポテチとクッキーとりんごが毎回入っています。

クッキーが甘くてマジでうまい。

りんごは途中で力尽きた。笑

やはり野菜がない。

再び会場散策

会場にはところどころにお菓子スタンドがあります。
10種類ぐらいのお菓子が置いてあって、スタッフが2人。
「xxがほしい」と言うと渡してくれる。
もちろんタダ。

アメリカなのでオレオ

Rxという言葉につられてもらってみた

グニャッとした感じのピーナッツバー
きなこ棒とかに近い触感

(ちゃんとセッションにも出てます笑)

真ん中にステージがあって両脇にスクリーン。
予め予約していれば、全然余裕で入れます。
予約入り口のスタッフにバッジを見せるとスマホで読んでくれて、OKが出れば入れます。

After Dark

初日の夜はAfter Dark。
I/Oの各所で様々なパフォーマンスが行われます。

ピエロがパフォーマンスをしていたり。

地面に絵を書いている人がいたり。

I/Oモニュメントの前でちょっとしたコンサートが始まったり。

ご飯も出ます。

味は・・・。いまいち。

先輩にまずいと言われていた飲み物。
マジでまずい!
行った人はぜったい飲んだほうがいい←
薄ーいかき氷シロップの炭酸水。

こんなところで食べてました。

この日は20時ぐらいに退散。
ホテルに着いたら疲れがドッと出たので速攻就寝。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

圧倒的感謝!!

ゆつぼ

都内でアプリエンジニアをやってます。 旅行記・体験記・感想などなど好きなことなど残して行きたく始めました。 旅行/写真/食べ物/ドライブ/ゲーム/音楽/映画/アニメ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。