楽しいことだけ数えて、眠る。

争いの絶えない毎日だ。

6歳娘に朝の着替えを指示して、わたしは味噌汁を作ったり納豆ご飯を用意したり。せわしなく朝ごはんの支度を終えてふと見ると、先ほどと1ミリも変わらぬ姿の娘がある。

お絵かき帳を広げて部屋を散らかしている場合もあるので、事態は悪化していると言ってもよい。

この10分間、なにをしていたんじゃーーー!

とカミナリの1つや2つ、落としたくもなる。そんな小さな怒りの積み重ねが、1日に30個はある。いや、ちょっとカッコつけてしまった。50個はある。

そして思うのだ。今日も怒りすぎちゃったな…と。

保育園に通うわが子。一緒にいられる時間は短い。その貴重な時間、半分以上は怒っているのではなかろうか。もっとニコニコ過ごしていたいのに。

わたしが大切にしている子育てのテーマは「自己肯定感を高める」だ。

多少ツライことがあっても、自分ならなんとかなる。最悪、誰かがなんとかしてくれる。ほどよく人任せな感じと、無敵な愛されてる感を持っていてほしい。そう願っているはずなのに、こんなに怒られてばかりでは、萎縮してしまうのではないか。

そんなわが家では、6歳娘との大切な約束がある。「ベッドに入ったら “今日嬉しかったこと”を5個ずつ言う」。

とてつもなく眠いときは、娘に頼み込んで「3個」に減らしてもらうこともある。ちょっとズルして、忘れたフリをしてそのまま寝ようとすると、すぐにバレる。

娘がとっても楽しみにしている時間なのだ。なにしろこのテーマは、話が異常に盛り上がる。

わたしがひねり出すのは「●●さんとランチして盛り上がった」「仕事がうまくいった」と毎日似たようなラインナップだ。娘の口から出てくる生活は、もっとバリエーションが豊富だ。

「お昼寝の時間に、●●ちゃんとこっそり手遊び歌をした」
「ドッジボールで最後までのこった」
「なわとびが●回できた」
「●●したら、ママがよろこんでくれた」

本当のところを言うと、自己肯定感は後づけだ(もちろん持っていて欲しいのだが!)。もともとは、娘がほとんど保育園の話をしてくれず、もっと彼女の1日を知りたい!と思ったことがキッカケだった。

最初はボソボソとしか出てこない。「ぬりえがたのしかった」。以上、だ。

「え?なんのぬりえしたの?」「どんな色で塗ったの?」「誰と一緒にやったの?」と質問攻めにすると、ようやく話の全体感が見えてくる。

娘は楽しかったことを話すので、嬉しそう。わたしも娘がなにを楽しいと感じて、どんな1日を過ごしたのかが分かって、嬉しい。win-winってやつだ。

きっと、お友だちとケンカをしたことも、悔しかったことも、言いたいことが伝えられなかった歯がゆさもあるだろう。でも、1日の終わりにそんなことを思い出さなくても良い。

笑顔でいた瞬間のことだけを思い出して、眠りにつく。その繰り返しが、きっとありのままの世界を肯定することにつながると信じて。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
58

#育児 記事まとめ

妊娠から出産、子育て、教育についてなど、noteに投稿された育児系の記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

すごくステキな寝かしつけですね(*ˊᵕˋ*)!
うちはすぐ怒鳴ってしまうのでなかなか自分の気持ちを出せない子になってしまったような気がしています><

私もぜひぜひマネしてやりたいです!
…最初は3個から…!
ありがとうございます!同じくすぐにガミガミ言ってしまって、反省の日々です。。せめて寝るときは幸せな気持ちでいてほしい、と願いつつ、娘のなかで話が盛り上がりすぎて「いつまでしゃべってるの!ねなさーい!」で終わる時もしばしば(反省)。ぜひ1個からでもやってみてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。