天才、天才、また天才

この世にはアッと驚く天才ばっかりだ

”天才なんて一握り”なんて言われているが、天才たちは確実に私たちの社会できらびやかに純然と輝いている

その才能にはちきれそうになりながらもまるで太陽のように光り輝いている

そんな中、やっぱり僕は凡人なんだな、と感じてしまったというのが今日のお話の本筋である


この話を書こうと思ったのは佐々木ののかさん@sasakinonoka の作家を志した女は会社を1年で辞め、東京のヒモになって社会に戻った|佐々木ののかを読んだからである

一目読んでみて、面白いと感じた。導入を読んだだけで面白いと感じた

そして、まだ僕は導入を読ませただけで面白いと思わせる力はないと思った

最近、薄々…ってかもうだいぶ前から気づいていたが、僕はただの凡人だった。内からあふれ出る情熱だったり、経験だったりがあまりにも平凡である

例えば僕の好きなラッパーの唾奇さんも例外なく天才中の天才であるが、彼の経験もすさまじい

幼少期は沖縄のスラム街のようなところでおばーと暮らし、彼女に包丁で首筋をかすめられたりしたらしい。ものすごく壮絶だ

そんな人たちの才能を見て、なんて僕は凡人なんだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!1って思ったって話です。まる

しかし、よく考えてほしい

”好きなことで生きていく”例えば僕なら”書くこと”であるが…

”好きなことで生きていく”場合、絶対に天才でなければならないのか…

それは絶対に違ーーーーーーーう!!!!むしろ天才のほうが少ないやろ!!!!

あのね、確かに僕は”圧倒的な才能の差に打ちひしがれた”って書いたよ?あ、書いてない?でもね、それは書くことをやめる理由には全くならん!むしろ追いつきたいってやる気出るわ

やっぱ面白いものに触れると創作欲がバッコバコわいてきますね!チェケラ!

今日の僕が言いたいことは”天才ってスゲー!!面白い!!でもいつか僕も追いつきたいいいいいい!!!!”ってことです

あと”おれはこれで食う”ってのも追加で

おれはこれでくうぞ!な!!!

ちなみに僕は超ポジティブ思考なので多分食えると思ってます。根拠ないけど

それでは、今日は面接があるんで寝ます。おーまいぐっどないと!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

守田一郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。