自己啓発はある意味麻薬よりアブないと思った話

こんにちは、守田as know asれこやです!

これからはノートをちょっと長めのツイッターみたいなもんとして使っていこうと思います。散文・乱文盛りだくさんです

今日書くのは巷にあふれる自己啓発について書いていきたいと思います

自己啓発っていうのはウィキペディアさんによると”自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。”だそうです(ウィキペディア‐自己啓発 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA より引用)

よくあるのは明日から変わろう!!系の本とかセミナーとか動画ですね

そしてこの自己啓発、率直に言うと酒やたばこ、マリファナより危ない存在だと思います!!触るな危険!!

なぜならこの自己啓発、依存性がものすごっく高いです。ものすっっっっっっごくです

自己啓発の仕組みは、それを読んだりして、明日から変わろう!っていう気にさせるものですが、普通の人はまず変われないです。変われないだけならいいんですけど、読んだだけで変わった気になっちゃうとてもアブないものなんですね

そして、変わろうとしていたとしても1日2日で元通りになります。すると”なんで俺・私はこんな人間なんだ…”という禁断症状がやってきます。自分がどうしようもなくダメ人間に思えてくるんですね

するとまた次の自己啓発を求めはじめます。そして以下ループ…って感じになってしまいます。依存しちゃいます

自己啓発系でいっちゃんポピュラーなのが本だと思うんですが、本だけならまだしも、高額なセミナーなどに足を進めたらヤバいです。そのうち情報商材なんかを買いだしますからね…(笑)

結局は現実から目を背けるためのツールという点では嗜好品と変わらんですね。人の意識を前向きにさせるいいものの皮をかぶった麻薬です

結構前にバズったレペゼン地球の動画も自己啓発ですね。あの動画の中で彼らは大半の人は変われないって言ってました。その通りなんですね

中には変われる人もいるんですが…ほんのごく少数だと思います。てかそんな人は自己啓発系なんて触れません。勝手に変わって勝手に結果残してます

さて、勘違いしてほしくないのは自己啓発には何ら罪はなくて、それを使う人に問題があるんだよということです。包丁でも車でも使い方を間違えたら危険ですからね。自己啓発系は悪くないんです。もし接するときは最大限の注意をもって接しましょう。さ・わ・る・な危険♡

ちなみに僕はほとんど自己啓発系のものに触れたことはないです(笑)何年か前に流行った嫌われる勇気を読んだくらいかな…人から聞いた話をモチーフにしてます。その人の知人は借金をしてまでセミナーなどに行き続けたみたいですよ…オーコワ!

それでは今日はこんなとこで~、、ばいちゃ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

守田一郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。